東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   Twitter→〔Twitter/gms02〕

ゲーム

仁義なき金田城

『GHOST OF TSUSHIMA』感想・その4 (※発売からだいぶ経過しているので、ストーリー内容に触れています。ご留意ください)第4話「冥人らしく…いただいてゆくっ!」 物語の開幕当初は、茂みに隠れるのも屋根の上に登るのも嫌がっていた境井仁が、鉤縄を手に…

思うこと……石川先生面倒くさい

『GHOST OF TSUSHIMA』感想・その3 (※発売からだいぶ経過しているので、ストーリー内容に触れています。ご留意ください)第3話「この世はね! 境井君! 強き者だけが生きのこりすべてを手にする権利があるのです!」 境井仁は覚えた。 熊には、とりもち玉…

魔界、対馬、そして塔

最近やっているゲーム 『真・女神転生5』は、多分ラストダンジョン。一通りやる事を片付けたので乗り込もうと思いますが、悪魔全書の埋まり方を見ると、道中の属性〔ロウ-ニュートラル-カオス〕によって、一部クエストと合体解禁される悪魔が変わるような…

対馬も魔界だった

『GHOST OF TSUSHIMA』感想・その2 (※発売からだいぶ経過しているので、ストーリー内容に触れています。ご留意ください)第2話「蒙古兵などというものはね、しょせん人間です。狙い所で、どうにでもなるのですよ!」 境井仁はようやく、真っ当な鎧を手に…

魔界から対馬へ

『GHOST OF TSUSHIMA』感想・その1 (※発売からだいぶ経過しているので、ストーリー内容に触れています。ご留意ください) 時は鎌倉。十三世紀後半―― これはそれがしが 油揚げをくわえたキツネと、 モンゴル軍に出会ったことからはじまる “漆黒の幽霊”にま…

略奪したり開拓したり潜水したり

2021年を振り返る:ゲーム編 今年プレイした主なゲームは、以下。 『アサシンクリード:ヴァルハラ』 (PS4) 『シヴィライゼーション6』 (PS4) 『Subnautica』 (PS4) 『英雄伝説 創の軌跡』 (PS4) 『真・女神転生5』 (Switch) 数…

『真・女神転生5』雑感3

『真・女神転生5』雑感3 現在、主人公LV66。プレイ時間はそろそろ100時間が見えてきたぐらい。 今作、主人公のLVがかなり上がりやすく、ストーリー進行の中で、〔フィールド探索→LV上昇→新たな悪魔合体〕のサイクルが非常にテンポ良く進むのは…

『真・女神転生5』雑感2

『真・女神転生5』雑感2 案の定、しばらく更新頻度が落ちたら、アトラスの責任だと思って下さい。 今回もストーリーの内容には触れませんが、ある程度進めたところで、成る程そう来るのか……から、一気に物語のギアが上がって実に『女神転生』らしくなって…

汝よ、神と為れ――。

『真・女神転生5』始めました Nintendo Switch発売時よりソフトのラインナップに名を連ねながら約4年半……待ちに待ったシリーズ最新作が遂に発売。 本家ナンバリングタイトルは29年間で5本目、となりますが、調べたら『3』~『4』の間の10年(一応、…

最近の読書とかゲームとか

続けて<狩野俊介>シリーズ ●『狩野俊介の冒険』『狩野俊介の事件簿』『降魔弓事件』『狩野俊介の肖像』『白亜館事件』 (太田忠司) 短編集3冊と、長編2冊。 メインの二人のみならず、脇を固めるキャラクター達を含めた作品世界と人間関係に魅力があるシ…

文化とはパワー

『シヴィライゼーション6』6回目 フランスで文化制覇を目指したい6回目、3つの文明を滅ぼしてアジア辺り~ヨーロッパ辺りにまたがる版図を築き上げ(世界中に文化を広める為には、相応の国力が必要なのです……)、アフリカ辺りへの侵攻を我慢してしばらく…

信仰があれば戦車も買える

『シヴィライゼーション6』プレイメモ すっかり『アサシンクリード:ヴァルハラ』そっちのけでプレイしておりますが、面白い……。 なるべく無機質にならない事を意識してか、ユニットや建造物などグラフィックに結構力が入っているのですが、交渉などで事あ…

イングランドにはトラップが一杯

最近のゲーム状況 『シヴィライゼーション6』はポーランドで宗教制覇を達成し、現在は3回目〔イギリス・難度:将軍・標準の大陸〕でプレイ中。 今回の方針はズバリ「大英帝国で海軍を充実させて世界を征服するぞ!」。 首都を作成し、周辺の状況を確認した…

「でも、到着したってどうやって知るの?」

『シヴィライゼーション6』始めました 年末年始のセールでやたら安かったので、PS4版を購入。OPがやたらめったら格好いい。 PCの超有名ストラテジーシリーズですが、完全初心者という事で、とりあえず1回目は〔最低難度・最小マップ・日本〕でプレ…

2020年を色々と振り返る

毎年恒例の年末企画です。カテゴリごとの内容が少なめなので、どさっとまとめて。 2020年を振り返る:映画編 今年見た映画は、以下。 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー en film』 『天装…

口論詩が意外と楽しい

『アサシンクリード:ヴァルハラ』進捗 現在、プレイ時間は40時間程度。 当然のように、ストーリー進行を無視して行ける限りのところを探索しているので、メインストーリーの方はちっとも進んでいません! 前作はLV制でしたが、今作は明確なLVの代わり…

「さあ! 略奪やろうぜ!!」

『アサシンクリード:ヴァルハラ』始めました 『オリジン』『オデッセイ』の系譜に連なるオープンワールドRPGシリーズ最新作。 今度のアサシンはヴァイキングだ! という事で、私が過去にプレイしたゲーム史上最も、「略奪」という言葉がカジュアルに用い…

最近クリアしたゲーム二つ

『ゼノブレイド:ディフィニティブ・エディション』完遂 本編の1年後の物語を描いた追加ストーリー「つながる未来」クリアー。 プレイ時間は15時間弱。 ボリュームに合わせて一部要素を廃してはいるものの、システムや雰囲気は本編そのままといってよく、…

掴むぜ未来

『ゼノブレイド:DE』クリアー(ネタバレなし) いつもの病気その他諸々の事情によりラストダンジョンに突入したところで数ヶ月放置していたのですが、再開したら4時間程度でエンディングに到達して、我ながらさすがに反省しました。 プレイ時間は約145…

最近のあれやこれや

読書と映画とゲームの話をまとめて。 『偽書「東日流外三郡誌」事件』(斉藤光政)が面白かった! 正史には登場しない津軽の闇の古代・中世史を、敗者の視点から記した「門外不出」「口外無用」の古文書――1975年、市浦村の『村史資料編』として世に出た…

久方ぶりの『ゼノブレイド:DE』進捗

ケモノガリ 『ゼノブレイド:DE』、現在、第14章。 ストーリー的に、かなり大きな一山を控えた状況で……プレイヤーはふと、気付いてしまいました。 もしかしてそろそろ、序盤の高LV帯(到達時点だと二発ぐらいで殴り殺されるエネミーがうろうろしている…

『ゼノブレイド:DE』楽しい

モナド剣夢の翼 長らく、主人公の使う攻撃スキルで 「ドリーーームエェッジ!」 と叫ぶのが、なんだそれは……と謎だったのでが、よくよく技名を確認したら、 「ストリーームエェッジ!」 でした(割と適当に読み飛ばすタイプ)。 ……現在、顔の濃い人達が次々…

『ゼノブレイド:DE』進捗

人が好いのもほどほどに 好青年系の主人公が、サブクエストを受ける際に物凄く気軽に「すぐに終わらせますよ」的な事を言うのが、その内刺されそうで心配になってきます。 連鎖系のクエストとか、軽い気持ちで目的の場所に向かうと、見上げるほど巨大な怪物…

でぃ……でぃふ……

『ゼノブレイド:ディフィニティブ・エディション』はじめました 毎度表記に悩むのはさておき、Wii→NEW3DSを経て、追加要素も収録されてSwitchでリマスター化されたRPG。 現在、第4章。 評判はちらほら耳にしていたのですが、ハードの関係で今回が初…

日本全国 SHOW TIME

『ペルソナ5S』感想 『ペルソナ5』(以下:原典)の物語から半年後――再び集った“心の怪盗団”の戦いを描くアクションRPG。 注目は、凄くいい事を言っているけど頭にはサングラス乗せているアン殿。 しばらく前にクリアしていたのですが、発売から2ヶ月…

剣と盾

家人がプレイしているのを見ていたら自分も触りたくなり、ちまちま進めていた『ポケットモンスター:シールド』をクリア。 シリーズは過去に『ポケットモンスターY』でポケモンデビューしてみるも途中リタイアの経験のみでしたが、今回は、クリアまで、出来…

心の怪盗団、再び

『ペルソナ5S』始めました 『ペルソナ5』の続編であり、アトラスとオメガフォースのタッグによる、ざっくりいうと「ペルソナ無双」であるところのアクションRPG『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントム・ストライカーズ』(長い)を開始。 まだ始め…

2019年を振り返る:ゲーム編

今年プレイした主なゲームは、以下。 -満足度高- 『マーベル・スパイダーマン』 『ファイアーエムブレムEchoes』 『アサシンクリードオデッセイ』 『イース8』 『ドラゴンクエストビルダーズ2』 『ファイアーエムブレム 風花雪月』 -満足度中- 『オク…

2月2日、“ダスカーの惨劇”を起こしたのは貴様か?!

『風花雪月』プレイメモ5 2周目青組クリアー。 スカウトを増やした事で支援値上げの手間が増えた分、結局、1周目とさしてプレイ時間が変わらないという、長い長い戦いでした。 以下、主要メンバーの雑感と、2周してみての総評(ネタバレ含む)。 ---…

そろそろ新しいゲームに触りたい病

『風花雪月』、そろそろ2周目の終わりが見え始めるぐらいまで進みましたが、さすがにちょっと、疲れ気味。やっている間は楽しいのですが、システム的な新味が無い状態で1周目からのプレイ時間が170時間を越えてくると、支援会話を集める為の作業プレイ…