東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   Twitter→〔Twitter/gms02〕

天を獲る

仮面ライダー鎧武』感想・第1話

◆第1話「変身!空からオレンジ?!」◆ (監督:田崎竜太 脚本:虚淵玄
 ナレーション「君は、運命に抗えない。だが、世界は君に託される」
 開幕、大塚芳忠さんによる重々しいナレーションが響いているのですが、奇抜な見た目のライダー達、モノトーンの怪物たちと極彩色の華やかな色合いのコントラスト、馬に……乗ってる……? と、画面の情報量が多すぎて、何を喋っているのか全然頭に入ってきません!(笑)
 イメージシーン的な馬とバイクとモンスター軍団の激突の後、物語の舞台は、計画都市・沢芽市(ざわめし)へと移り、そこでは今、不思議な錠前・ロックシードにより不思議空間から召喚されるモンスターを戦わせる、ポケモンならぬインベスバトルが大流行中……?!
 ストリートでダンスチーム同士の諍いを解決する代理闘争としてのインベスバトルに観衆たちも熱狂……しているらしいのですが、インベスバトルが致命的に面白くなさそうなのであまりにも説得力が薄く、世界観を示す掴みの要素でもあるだけに、ここはもう少しどうにかならなかったものなのか。
 ホビーアニメの最初の悪役じみたチームバロンのこすっからい嫌がらせにより、錠前を落としたヒロインに制御を失ったインベスが襲いかかったその時、通りがかった主人公が、バイクで、轢いた!
 四輪ないし二輪で怪人相当の存在を轢くのは、東映ヒーローにおけるポピュラーなイニシエーションであり、作品構造を考えると、割と意識的に持ち込んでいるのでは感(笑)
 主人公・葛葉紘汰は、ヒロイン・舞の所属するダンスチーム鎧武の元メンバーで、チームを抜けた現在も舞を除く後輩たちに慕われており……第1話段階では、ダンスチーム=暴走族、インベスバトル=暴走族同士の抗争、葛葉紘汰=引退した特攻隊長、だと受け止めておくと構図がわかりやすい感じ。
 「なあ姉ちゃん……大人になるってどういう事だと思う?」
 「……自分で自分の面倒を見られるって事。今の紘汰は、食費も家賃も、全部自分で稼いでるじゃない。だからもう立派に大人だよー」
 「でも、自分の面倒しか見ていられない。仕事ばっかで手一杯でさ。他にもある筈の大事なこと、全部ほったらかしにしてんだ。こんなんじゃ俺、昔と全然変わってねぇよ」
 「紘汰……」
 「俺、変身したいんだ。もっと強くて、なんでもできる自分に」
 思わせぶりに「変身」を強調したやり取りですが、冒頭の迷子相手の対応に続き、初回から若いキャストに長い“語り”を割り振りすぎて、テンポが悪い&道徳の授業めいたわざとらしさが出てしまったのは、脚本の色といえるのかもしれませんが、今後に向けては修正していってほしい部分。
 両親を早くに亡くし、姉と二人暮らしの紘汰は、姉にこれ以上の苦労をかけない為にも早く一人前の大人になりたいとバイト三昧の日々を送るが、苦境にある昔の仲間達の事も忘れられず……そんな中、チーム鎧武のリーダーが怪しげなアイテムを売り込まれ、それを披露したいとメールで呼び出される。
 同じく呼び出された舞と出会った紘汰は、呼び出しの場所に存在していた、空間を割る巨大なチャックに気付いて不用意にその中に入り込むと、奇妙な木々が茂る森の中で人間大のインベスを目撃。そしてリーダーが見せようとしていた“ベルトのバックルのような”物を拾った紘汰が物の弾みで身につけると、引きつけられるように手にしていた妖しげな果実がロックシードへと姿を変え、虎のような怪人に見つかって襲われる事に。
 這々の体で謎の森から抜け出し、舞を逃がす為に囮を買って出た紘汰が怪人に追い詰められたその時――脳内に響き渡る男達の荒い息づかい!
 《ふはははふは! ふは! はーーーーっ!!》
 ……いや、BGMなのかもしれませんが、演出的に、腰に巻き付いたベルトの副作用の可能性が捨てきれなくて。
 「どうすりゃいいんだ……こうか?」
 なんとなく握りしめていたロックシードが開くと、形がそれっぽいな……と視線を向けていたバックルの中央に填め込み、脇に付いていた刀型のレバーを動かすと、二つに割れるロックシード。
 ……まあ、その発想はかなり突飛だとは思いますが、劇中ガジェットの使い方に主人公が少しずつ“気付いていく”過程が順を追って描かれ、物凄く圧縮されていますが、『仮面ライダークウガ』への意識を感じる見せ方。
 ベルトのギミックを作動させると、頭上に開いたチャックの穴から巨大なミカンが振ってきて紘汰の頭に被さり、怪奇ミカンヘッド男誕生! ……じゃなかった、幸い、ミカンの皮が剥けて展開する事で紘汰の体が装甲に包まれ、その姿は、驚天動地の武者オレンジに!
 第1話は放映当時にも見たので、さすがにこの変身は7年経っても忘れがたいインパクトですが、これがホラー映画だったら、初回で主人公が巨大ミカンに頭を喰われて終わるところでしたね……そして紘汰は、失われた首を求めて夜な夜な沢芽市を彷徨う怪奇キラーミカン男になるのだ……。
 与太はさておき、状況に困惑しながらも武装の使用方法に気付いてく形で戦いは進み、初めての銃撃から、二刀を連結。
 「逃げんじゃねぇ!」
 優勢になると、素のチンピラ感が出ます(笑)
 「気をつけて……貴方は、運命を選ぼうとしている。この先に踏み込めば、もう二度と、後戻りはできない。最後まで、戦い続ける事になる。世界を、己の色に染め上げるまで」
 「俺は……でも俺は、おまえを守る為なら!」
 突如現れた、舞に瓜二つの謎めいた女の示唆により、ロックシードを武器に填め込んだ武者オレンジは、薙刀クロスからのオレンジチャージで、怪人を成敗!
 「これが俺の、変身……」
 紘汰はいつも通りの舞と合流し、果たして、その得た力は何を意味するのか……? で、つづく。
 上述したように第1話は放映当時にも見ており、確か当時も「インベスバトル……」と思った以外の記憶はあまり無いのですが、改めて見ると、かなり『クウガ』への意識が窺える内容。
 『クウガ』が、《昭和ライダー》を踏まえて、積み重ねられてきた約束事・作劇を“現代に生きるヒーロー”を立脚させる物語の中にどう落とし込み再構築するのか、をやっていたのに対し、今作は、既にTVシリーズの本数としては《昭和ライダー》を凌駕した《平成ライダー》の中で積み重ねられてきた約束事・作劇を、改めて組み立て直そうとする――その端的な表現が、ウェポンガジェットの物語への落とし込み方――いうなれば、平成《平成ライダー》みたいな狙いがあるのかな、と。
 それが作品のコアなのか、取っかかりなのかはわかりませんが、(主人公の善性を示すわかりやすい表現としても)親とはぐれた子供と向き合う初登場シーンやラストの台詞は、『クウガ』へのオマージュに見えますし、その意識がどこへ向かうのかも含めて、派手な色彩のもぎたてライダー達がどう交差し、どんな運命と向き合っていくのか、この機会に改めて楽しめればと思います。

史上最大の災厄(前編)

ウルトラマンG』感想・第12話

◆第12話「その名は“滅亡(ほろび)”-伝説2大怪獣登場-(the age of plagues)」◆
 「plague」は、「疫病、伝染病、大災厄」などの意味との事で、原題をそのまま訳するなら「災厄の時(代)」といったところでしょうか。
 オゾン層修復プロジェクトの為にユーマの衛星が宇宙へと打ち上げられるが、ジャックやジーン、キムはそれに反対しており、どうして打ち上げまでした後に、まだ隊員レベルで揉めているのか……。
 「地球は我々、人間だけの星ではないんです。必ず報いが来ますよ」
 「もう一刻の猶予もならん。計画を遂行する」
 そしていきなり、台詞回しが環境テロリスト化する隊長(笑)
 それは、これから、人類を滅ぼす人の言い方です!
 ところが起動した衛星の出力がダウンし、代わりにそれに呼応するかのような謎の地震が海底で発生。
 ナレーション「深海で“滅亡”という名の封印が解放されていた」
 に合わせ、海を泳ぐ巨影が画面を横切っていくのは、実に怪獣映画的で格好いい導入。
 怪獣から出現した巨大亀怪獣が漁船団を襲撃し、調査に向かったロイドとキムは、海面の変化と大量の魚の死骸を確認。それは、酸素を根絶し、毒性を持つ藻の影響によるものであった……。
 「ただの藻とは訳が違うぞ。今までで最強の敵かも知れん。――背後に何かがいる」
 海中に潜む亀怪獣が撒き散らしていると思われる毒性藻により死の海が広がり続ける中、調査中に海底から引き揚げられた謎の円盤を、ジャックがウルトラ解読。
 「“深海に閉ざされし者と――天空に追放された者が――眠りより覚めるだろう。そして第三の者が続く”」
 一度はジャックに、「筋肉の次はポエム自慢か?」と批判的な眼差しを向けるも、博物館に引きこもって円盤の解読を進める隊長と軍部の対立が再び描かれる中、宇宙から新たな怪獣が飛来。増殖を続けていく藻に対する決定的な対策も打てないまま、オゾン層修復プロジェクト再開の為にチャーリーは宇宙送りにされ、そこからいきなりの、
 ナレーション「アイクは港の警備課に降格された」
 により、多分、リュグロー騒動などで登場した情報局員?の視点から、海の死による食糧危機、配給制疎開、ゴーストタウン化した港湾部で身を寄せ合うように暮らす(恐らく)貧民層といった、急速に悪化していく世界情勢が盛り込まれ、脚本時点で意図されたものなのか、毎度ながらの『G』作劇が結果的にはまったのかはわかりませんが、會川さん好みの映画的に切り詰めた見せ方になる事に。
 その一方で、あちらこちらに散らばった要素が物語規模のエスカレートを綺麗な上昇曲線で描けているとは言いがたく、特に、「宇宙規模のプロジェクトを主導」「決行直前に文句を言う身内」「大規模な海洋汚染とその調査」「博物館に隊長が引きこもって一人で円盤を調査」「軍部との衝突」「とりあえずチャーリーを宇宙に飛ばす」「言い訳がましく登場する「ユーマ本部」という単語」といった、最終エピソードでも相変わらずのユーマ組織の規模と権力の不安定な描写は、物語に貫くべき芯を溶けた飴のようにしてしまい、今作全体の大きな短所となってしまいました。
 これは今作の「“怪獣”を単純な敵とする事を避ける」作風が一因といえますが、エピソードによってユーマの対立存在を怪獣以外――「軍」だったり「地元警察」だったり「シャーマン」だったり――に置く事を余儀なくされた結果、“ユーマの在り方”が対立存在に応じて不定になってしまう事に。
 故に、ソロで置いておくと「ヒャッハー! 怪獣は的がデカいから当てやすいぜ!」みたいなノリなのに、より好戦的な対立存在が出てくると「我々は調査・分析を重視するので、無闇な先制攻撃とかもっての他です」みたいな矛盾が各所に発生し、作品としてのアプローチそのものは面白かったと思うものの、志の高さが物語として設計しきれずに空回りしてしまった印象です。
 調整の為に衛星に乗り込んだチャーリーが宇宙から地球を見つめ、
 「ノミは象から離れなきゃ、象が生きてると――分からない」
 と、“一つの生命”としての地球の姿に感動を覚えるのは印象的なシーンなのですが、そこでも「チャーリーは初めて宇宙から地球を見る」事にしなくてはいけないので「巨大組織の筈なのに(子飼いとはいえ)この局面で宇宙初体験の人物を単独で衛星に乗り込ませる」事になり「それを示す為に身内からも抗議させる」ので「強権を振り回す隊長の行動が傍目に見てもおかしい」けれど「軍部の将軍よりは遙かに理性的な対応をしている扱いにしなくてはいけないので物語として擁護される」多重衝突が引き起こされてしまっているのが、今作の欠点として象徴的。
 映像面では使える人数の問題など予算的な制約も影響したかと思われるのですが、人類の罪と傲慢が絡む一大プロジェクト・それに呼応するかのように目覚める巨大怪獣・その存在を暗示していた古代の遺物! といった個々の要素は悪くないのに、それを貫く芯の扱いが雑なので美しい構造物にまとまらないのが、勿体なさを感じます。
 軍部が、迫り来る宇宙怪獣に対して人工衛星連動レーザーで対策する案をユーマ本部に承認させる一方、海底怪獣が港に上陸。ジャックはダイビング変身からグレートになると、鉄骨を振り回してルール無用の凶器攻撃を仕掛けるが、逆に顔を小突かれ、往復ビンタ。更には光線ドッジボールに敗れてタイムアップとなり、完敗を喫してしまう。
 何故か感動のEDみたいな曲が流れ出し、深海と天空で目覚めた破滅の使者の到来により、迫り来る地球最大の危機!
 最後にキムが拾ったのは、港で出会った少年を気に掛けていたアイクのサングラスでしょうか……? 死なれても気分が悪いし、かといって生死の謎をサスペンスにするような扱いのキャラでもないしで、むしろジャックの心配をさせるべきでは……と困惑しながら、つづく。

11/29付けレス

 本日は『80』感想を書きました。

高速の鎮魂歌

◆尚さん
 >この回の内容を踏まえた上だと、そう捉える方が確かに自然に思えますね・・・!
ジンバはかなり、生前の執着に振り回されている感じですものねー。後半、藤井先生が巧く、姫問題を拾ってまとめてくれたりするのも、期待したいです。
 >わりとストレートにヒーローらしいやさしさを表現していたのかもと考えると、なんだかかなり目から鱗な気持ちになりました。
だいぶポジティブな解釈ですが、暴魔(獣)を、怨念に縛られた存在として捉えると、そこから解き放つヒーローがターボレンジャー、というのは結構しっくり来るかな、と。

◆ガチグリーンさん
 >田口監督回を観直すついでに、もう一度鑑賞しましたが確かに滅茶苦茶いい話ですね!
「ヒーローとは何か?」を割とメタ的にやりつつ、あくまでも「子供の世界」に寄り添った作りが素敵であったな、とツボに刺さりました。
 >子供のごっこ遊びに造詣が深い田口監督にこそ、やってほしかった話とも思ったりしました
田口監督参戦の話を聞いてからこのエピソードを見たので、これはこれで田口監督っぽい話だな、と思ったのですが、もしかすると後先はわかりませんが何らかの連想が働いたエピソードだったのかもですねー。
 >実際に販売している玩具そのものを本編に巧く組み込まれる方が販促効果があるようです
手の中の玩具にドラマ性が生まれる、という点では、親しみが持てるこういうアプローチは一つの方向性としてアリな感じですよね(それこそ、往年のミクロマンなどがありますが)。
 >作詩・作曲者を見たら、まさかの阿木燿子・宇崎竜童コンビ!流石としか言いようがないですね(笑)
聞いていると癖になってくるトーンも含め、完全に狙ってますよね(笑)
 >「戦隊」といえばコレ!って感じで(概念的な?)なんだか観ているだけでノスタルジックな気持ちになります
特にシリーズを追いかけているわけではない人に見せると、「ああ、戦隊ってこういう感じで、ずっとやってるんでしょ?」と言われそうな作風ですよねー。恐らくそれを意図しているので、狙い通りなのだろうな、と思われますが。
 >基本封印されてて幹部の都合で現地調達的に起こされ戦わせられる暴魔獣も歌詞通りに哀しい存在だなと改めて
7-8話における封印された悪霊路線は、世界観と巧く繋がる形になって、このまま波に乗ってほしいところです。
 >シリアスで重めの作品の後の揺り戻し的な単純明快、勧善懲悪を強調した結果の狂気の産物だとずっと思ってました(笑)
……私も、どちらかというとそちらが本命では、という気はするんですが(笑) ただこれで、立ち上がり二ヶ月で、暴魔百族の在り方と、それに対するヒーローの立ち位置がある程度決まったのは、さすがの手並みですね。