東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   Twitter→〔Twitter/gms02〕

継ぐのはアメリカ

『バトルフィーバーJ』感想・第24話

◆第24話「涙! ダイアン倒る」◆ (監督:竹本弘一 脚本:高久進
 ダイアンの妹キャサリン来日、の情報を何故かダイアンよりも先に国防省がキャッチしており、堂々と変身した姿でホテルへ向かうバトルフィーバーだが、その道中をエゴスが攻撃。
 「変だ!」
 「何が?」
 「エゴスは俺たちの動きをどうして知ったんだ?」
 ……いや単に、街中をその格好で走っていたから、銃撃してみた可能性もあるのでは(笑)
 工作員を蹴散らした一同はホテルへ急ぐが、サロメの仕掛けた罠によりキャサリンがさらわれてしまい、失態は失態ですが、特に事情を聞こうともせず、同行していたスチュワーデスに向け、いきなり「無責任だな!」からスパイ疑惑をかけるのが、凄くバトルフィーバー。
 「酷い!」
 「ひどかねぇよ」
 と曙も凄むと、美人に弱い京介が擁護に立つが、「ほらまた病気が始まった」で謙作がばっさり切り捨てるのも、大変バトルフィーバー。
 国防戦士に生ぬるい友情はいらない!
 詰問はいつでも尋問に変わるのが俺達の流儀、と不用意に女の肩に手を置いた曙が、鮮やかにひねり上げられて宙を舞うと臨戦態勢を取るBFだが、伝が割って入って将軍に連絡を入れると、スチュワーデスの正体はFBIの捜査官、汀(なぎさ)・マリアと判明し……祝・九官鳥元帥、生きてた……!!
 下手すると前回の真っ二つからそのままフェードアウトするのではないかと心配していたので、ホッとしました(笑)
 将軍の推薦によりFBIで研修を受けていたマリアにとって、亡きダイアン父は教官のような存在であり、ダイアン父の捜査官としての魂を継承する、もう一人の存在と位置づけ。
 一方エゴスには、中南米を中心に吸血誘拐事件を引き起こしていたドラキュラ怪人がアメリ支部より帰国し、後ろ姿から悪魔モチーフの格好いい系かと思ったら、前を向いたらもふもふのブタバナコウモリでした!(笑)
 ダイアン父の線からエゴスの対抗勢力を探っていたらしいドラキュラ怪人は、キャサリンの誘拐により、ミス・アメリカ=ダイアンである事を突き止め、前回-今回で、回想シーンで3回殺害されるダイアン父。
 ドラキュラ怪人は恐らく第1話の前後で生み出された後、アメリ支部に長期出張していたものと思われますが、物語の折り返しにしてダイアン退場編という事でか、BF隊の野郎衆が見当違いの女性を取り囲んだり、怪人がコウモリ繋がりだったりと、第1話の要素が織り込まれているのは、洒落た工夫。
 バトルフィーバーの正体云々に関しては、超法規的フィーバー権限を持つ秘密工作員として確かに正体が隠されている節はある一方、つい先日も、能登半島で「あいつらがBF隊なのでは?」みたいに言われていた覚えもありますし、エゴスがこれまで気付いていない、というのはどうにも無理はありますが……国防省の人間だとはバレていても、フィーバーできるかどうか要確認、ぐらいならギリギリ筋は通る、のか……?
 ……つまりこれは、キャサリンを変身して迎えに行った、のがトドメであり、変身してからホテルに向かうよう指示を出した人間が、本当のスパイなのでは。
 エゴスと各国の秘密組織の暗闘が続く中、キャサリンを人質にされたダイアンはエゴスの手に落ちると、吸血トゲによる執拗な拷問を受けてBF隊アジトの場所を吐くように迫られるが、拷問に屈したフリをして緊急用の小型爆弾を用いる機転を利かせ、本業のモデルが忙しかったり日本語会話が不得手などあったりしたそうで、ここまで出番の極端に少なかったダイアンですが、さすがに今回は冒頭から外にも出歩くと、工作員らしい行動を見せてくれたのは良かったところ。
 キャサリンを連れてマリアとの合流に成功するダイアンだが、フィーバー男衆は、薙刀風の武器がなかなか格好いいドラキュラ怪人の猛攻に苦戦。5人揃わなければ必殺のペンタフォースを放つ事は出来ず、4人を助けに向かおうとするもダメージの大きいダイアンは、同じ人物からFBI魂の薫陶を受けた、拡大解釈でいえば妹弟子のような存在に、一縷の希望を託す。
 「忘れるな! 今日からおまえが……ミス・アメリカだ!」
 じゃなかった、
 「お願い、私の代わりに、ミス・アメリカに」
 ……常々、「忘れるな! 今日からおまえが……シンケンレッドだ!」は、聞きたくなかった今際の際の台詞ナンバーワンと唱えてきた私ですが、これもだいぶ嫌ですね……強制でないだけ果てしなくマシですが。
 ダイアンはマリアにバトルスーツを託し、かくして誕生する二代目ミス・アメリカ。
 ミス・アメリの名乗りから、OPイントロに合わせてフル名乗りを決めるのは格好良く決まり、直後にドラキュラロボットが出現すると、毎度お馴染み「兄貴からやっつけよう!」でペンタフォース!
 それなりに健闘を見せたドラキュラ怪人だが、ペンタフォースの即死効果の前にあっさりと塵となり、挿入歌に乗せてBFロボが到着すると、5人はジェットオン。二代目ミスアメリカは特に迷わずペンタフォースとBFロボの操縦に参加し、BFロボは新装備のバトル六角棒を手にすると、ドラキュラロボットの脳を! 脳を! 脳を! 打つ!!
 激しい打撃によろめくドラキュラロボットにクロスフィーバーが突き刺さると唐竹割りで両断し、ここに、中南米を恐怖に陥れ、BF基地壊滅を目論んだ悪魔のごときエゴス怪人は最期を遂げるのであった。
 エゴスに正体がばれた名目でダイアンは帰国する事になり、汀マリアが正式に二代目ミス・アメリカに就任。
 基本、基地か限られた室内か(2回か3回ほど街に出るシーンあり)、ごく限定された撮影にしか登場せず、捜査シーンでの活躍が無いのに加えて、大団円シーンに登場しない為、事件関係者とかに全く興味なさそう(というか率直に帰国したい)な姿が、色々と限界に来ていたダイアンがとうとう交代。
 特に悪印象は無いのですが、これといった活躍の場もなく、どうにも難しい存在となってしまいました。
 二代目ミスアメリカとなった汀マリア、きりっとした美人ですが……その、サファリのガイドみたいな衣装はいったい。
 とにもかくにも、一つの節目となったメンバーチェンジでBF隊とエゴスの戦いは後半戦へと突入し、次回――さ、撮影所回?!

2/26付けレス

 本日は『X』感想を書きました。

インベーダーから地球を守れ

◆chi-chanさん
 >何となく、脚本もプロデューサーも違うけど、『龍騎』へのアンサー、とも見えます。
どの段階でそういう方向性が入ってきたのかわかりませんが、笛木周りは特に『龍騎』へのアンサーソングぽさがありますよね(笛木の衣装も神崎志郎オマージュなのかどうか……)。とすると残ったソラは、『ファイズ』要素なのかもなーと。
 >そう見ると晴人は「優衣と友達以上の無二の仲になれた(からはっきりと遺言をもらえた)真司」にもとれるかなと
ああ、『龍騎』終盤は、タイガが乱入したりもあって、真司くんと優衣ちゃんの関係性がちょっと弱くなっていたところがあったので、そこに気を配ってみたというのは成る程です。
 >一応設定名は「ハーメルケイン」(笛杖剣?)だったり…。
笛を吹いて踊らせる存在と名称から掛けた武器だったのですね。ワイズマンの方はデザインに道化師のモチーフが入っているぽいですし、ピッタリきますね。
 >「自分の物語を自分で築く」を体験
ジャンルに疎い事もあり、引き出しの無い分野ですが、この辺りは演劇論の領域になっていきそうですね。
 >射撃の訓練ですら無く普通にゲーセンで個々のスコアを競って遊んでいるだけなんですね…。
純粋に遊んでいるのがBF隊らしいといえばらしいですが、割と今作、当時の社会風俗を意識的に取り込んでいて、その辺りは今見ると面白みの一つだなと。
 >尺があったらゲーム依存を断ち切るための修業展開になりそうだったけど、精神的再教育だけで良かったですね(笑)。
総集編要素が無かったら、まず確実に、再び日本刀を突きつけられてましたよね(笑)

◆電子レンジマンさん
 >説教としていきなり総集編が長々と展開される流れはなかなか衝撃でした。
総集編のスタートとしては、だいぶ意表を突かれましたが、レポート動画が始まると、みんな神妙な顔でじっと見ているのも、なんともいえない味わいになりましたね……(笑)
 >途中長々と正体が有耶無耶になった謎諜報員の映像を映してたのがちょっと面白かったです。
ダイアン、どうにかもう1話ぐらい、メイン回が欲しかったですよね……容姿の存在感は凄くあるだけに、残念でした。
 >九官鳥八つ当たりで縦に真っ二つの絵面が、内部メカがはみ出してたり切断面が銀紙貼られてる感じだったり
あれ、あんなグロテスクにしなくても……感が凄かったですね。今日の目線で見ると、ホント、メンバー好感度への配慮が少ない(笑)

戦士の最適化

仮面ライダーX』感想・第31-32話

◆第31話「立て! キングダーク!!」◆ (監督:折田至 脚本:村山庄三)
 風光明媚な那須りんどう湖ファミリー牧場、今この地に、忍び寄る恐るべき狂気――
 「人間の敬介はちょっと銃に撃たれただけで死んでしまったが、マシンのおまえは簡単には死なない。やりようによっては、人間の何百倍のパワーも持てるし、ライドルだって内蔵する事ができるんだ」
 ……すみません、約20年後のマッドサイエンティストが混線しました。
 物語は1975年頃に戻りまして、牧場の管理事務所に住まう一家の少女が湖で拾った人形を持ち帰ると、夜半にその瞳が怪しく輝き……この人形、左腕はもげているわ頭髪は半分無いわで、とても少女が好んで家に持ち帰りそうな姿ではないのですが、この不気味さには前半のゴッド指令人形を想起させる意図があったりしたのでしょうか。
 人形を狙うゴッド悪人軍団・トカゲバイキング(爬虫人類感のあるグロテスクなマスクの風貌が秀逸)が事務所を襲撃すると、人形を手に逃げ出した少女が道ばたに倒れているのを、マコとチコが発見。
 那須ビューホテルに逗留中の藤兵衛&敬介と合流し…………だ、駄目だ……一週間の間を空けてから見ると、敬介の頭に起きた異変が……申し訳ないけど面白い……!
 トカゲ人間について聞いた一同は、背後にゴッドの気配を感じ取り、取ったりしないから大丈夫、と少女から受け取った人形を、言った端から地面に落とす敬介、敬介ーーー!
 ところがその拍子に、人形の中に仕込まれていたメッセージが再生され、人形の中に設計図の断片が隠されている事が判明。メッセージは女性の悲鳴と共に途切れるが、大事な人形に対する知らないおじさんの粗略な扱いに少女は人形を掴んで走り去ってしまい、神敬介はまた一つ、取り返しのつかない何かを失った!
 真空地獄車を走らせるメモリを確保する為に、デリカシーなど不要!!
 更新して再起動する度に人として何かを失っていく敬介は少女を追いかけると、トカゲバイキング率いるゴッド騎馬隊に囲まれている姿を発見。
 「この化けもん野郎。罪も無い子になんてことしやがる」
 ……なんだか、最近見た映画の影響を受けたような啖呵を切る敬介だが、ゴッド騎馬隊に苦戦している内に少女をさらわれてしまい、大変身。
 工作員から奪った馬にまたがると、双方馬を走らせながら、馬上からのチョップで工作員をはたき落とすのは、見ていてなかなか怖いアクションです。
 トカゲバイキングに連続攻撃を浴びせると少女を逃がして人形も確保する敬介だが、今度はマコチコが人質に取られてしまい、鉄塔から助けての大合唱。
 「卑怯者め!」
 「ぼーははははは、卑怯なとこが俺様の取り柄よ」
 やむなく敬介は人形を渡すと、自らも囚われの身となるが……人形の中には既に設計図はなく、炸裂する
 「この馬鹿者ぉ!!」
 いつの間にやら設計図を抜き取っていた少女はホテルの藤兵衛の元まで戻ると事情を説明し、
 〔湖で拾った壊れた人形を大事に持ち帰る → 人形大事のあまり敬介たちの元から逃げ出す → その割には途中で中に手を突っ込んで設計図を入手している → 特に良い印象は無いはずの藤兵衛(たち)の元へ戻る〕
 と、幼い少女にしても、あまりにも話の都合だけで動き回り、人形を行動原理とした逃亡の必要がなくなると、人形に全く興味を見せなくなるのもいただけないところ。
 敬介救出へとジープを走らせる藤兵衛だが、トカゲバイキングの強襲を受けると少女ともども囚われの身となってしまい、先に囚われたマコチコは投石機の的にされ、厳重に拘束された敬介は益子焼製造直売所に引っ立てられて竈の中に放り込まれようとしており……
 ロケ地でその処刑方法はいいのか。
 これまで数々の死線をくぐりぬけてきた藤兵衛一党も、那須高原でいよいよ年貢の納め時が近づくが、生きながら益子焼にされそうになっていた敬介が、竈の高熱を利用して拘束を解くと大変身に成功。
 工作員を蹴散らして藤兵衛らを救出すると逃げたトカゲをクルーザーで追い、せっかく那須高原なのでという事か、しばらく街道チェイスシーンが続いた後、物凄い勢いで斜面を駆け下りていき…………あ、コケた。
 雄大な景色+遠征を理由に、いつもとは違う画を撮りやすくてテンションが上がったのか、攻撃力高めの映像が幾つか飛び出してきますが、Xは疲労困憊のバイキングの頭部に連続でハイキックを叩き込むと、落ちた戦斧を投げつけて腕を切り裂き、空中でひたすらグルグル回転してから、その勢いを乗せたキックを叩き込む、俺の地獄車パート3「空中・地獄車ー」でフィニッシュ。
 ……もはや何が地獄車なのかはわかりませんが、映像の勢いは凄い(笑)
 トカゲバイキングが湖の藻屑となると、トカゲ人間にされていた少女の両親は元に戻り、めでたしめでたし。
 悪人軍団の不甲斐なさに怒りを燃やすキングダークが雄々しく立ち上がり、主人公扱いだったサブタイトルがクライマックスなパターンで、つづく。
 次回も那須高原を舞台とし、怪人「アリカポネ」は思わず吹き出してしまった会心のネーミング(笑)

◆第32話「対決! キングダーク対Xライダー」◆ (監督:折田至 脚本:伊上勝
 ホテルでのんびりと遊んでいた敬介の元へ、南原博士の弟子であるノダ・サチコから連絡が入る一方、すれ違いでノダ家を襲撃したゴッド怪人アリカポネは、ノダ夫に針を刺すと人質として娘を誘拐し、再び那須高原で展開する、RS装置の設計図を巡る争奪線――。
 怪人アリカポネの人間体である、くわえ煙草に帽子を被った伊達男を演じる男優さんと、設計図を敬介に託そうとする南原博士の弟子、ノダ・サチコを演じる女優さんの出番がやたら多いのですが、それが面白さよりも一場面一場面の間延びに繋がっている上、那須ビューホテルのレストランではジャンボアフリカンショーが始まり、全体的にテンポが悪くて残念な出来。
 敬介に電話をかけてきたノダ博士は「私たち南原グループ」という謎の言い回しを用い、これは、この時点で話がどう進んでいても、残った設計図は全てまとめて敬介に届けられる形にしようという意図でありましょうか。
 RS装置編の問題の一つとして、南原博士が設計図を託した“仲間達”の半分ほどが、「死んでいる」「死にそう」「出てこない」といった扱いの為、受け取った側の視点を用いての“科学の発展と使う者の倫理”のテーゼが全く掘り下げられない為にますます、死を招く呪いの手紙と化してしまったのは、勿体なかった部分。
 争奪戦そのものも展開の硬直化を招き、興味を引く連続的な要素として発端のアイデア自体は悪くなかったと思うのですが、返す返すも「南原 破りすぎ」になってしまったなと。
 設計図を入手すると、ノダ母子を揃って抹殺しようとするアリカポネだが、Xライダーがクルーザーで参上。既に設計図はすり替えておいた、とブラフを仕掛けて怪人を動揺させた隙に母子を救出し……冒頭でアリカポネの針を受けた夫が無事なのかどうかが気になって仕方がないのですが、設計図を敬介に託し、ゴッドの魔手を逃れて家に帰ったら、リビングに夫の死体が転がっているという酷い後日談が待っているのではこれ(前回は、ゲストが少女一人だったので、両親はやや強引に状態異常で済ませましたが)。
 仕込み杖と葉巻からの隠し針を使うアリカポネに連続で打撃をお見舞いしたエックスが、今回は正攻法による俺の地獄車パート1でアリカポネを葬り去ると、鳴動する大地。
 「わっはははははは……! Xライダー、最後の勝利はキングダークだ。設計図の全ては必ず奪う」
 巨大な地割れを起こし、山を吹き飛ばしながら、那須高原に出現するキングダークの偉容!
 「見ろ! 俺様の姿を!」
 「……キングダーク!」
 「この手で、Xライダーを、握り潰す日も、近いのだ!」
 予告映像がラストまで見せていたパターンで、首から下はハリボテではなかったキングダークがXライダーに宣戦布告して、つづく。
 今となっては珍しいタイプの敵ではありませんが、鋼鉄の大巨人、は改めてインパクト大。
 ……やはり体内に入ると、
 「遂にここまで来たか敬介」
 「その声は……親父?!」
 「そう……キングダークは私自身だ」
 となってしまうのか?!
 7話ぶりの伊上脚本ながら、RS装置編における設計図争奪戦のどん詰まりといった出来の悪さでしたが、次回――危うし真ヒロイン! その時、当然、先輩たちが駆けつける!!