東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   Twitter→〔Twitter/gms02〕

消えた学園と歪む時空

ウルトラマン80』感想・第25話

◆第25話「美しきチャレンジャー」◆ (監督:湯浅憲明 脚本:阿井文瓶)
 ナレーション「彼女たちは皆、明日の城野エミを目指して懸命なのだ」
 UGM入りを目指して日々汗を流す地球防衛軍女性隊員たちがフォーカスされ、訓練を見学しに来た城野が憧れの先輩として描かれるのはわかるとして、矢的は何をしに一緒に来ましたか。シナリオ的にも困ったのか、特にこの後の伏線でもなんでもないUGM制服の説明を滔々と始めるのですが、前回に続いて城野と連れだって歩いているところに通りがかったユリ子にからかわれると、「ユリちゃん僕のことそんなに気になるとかまいっちゃうな~」といった調子でデレデレやに下がり、相変わらず、女性関係で好感度を下げていく事に余念がありません。
 何かと城野に敵愾心を燃やす訓練生の一人・ジュン(演じているのは恐らく、『超人バロム・1』でミス港南小の須崎くんを演じていた、斉藤浩子さん)は、怪獣に殺された兄の仇討ちの為にUGM入りを目指していたが、親と約束した期限まであと20日……その時、2機のUFOが突然UGM基地を強襲し、ジュンはこのチャンスに一発逆転の手柄を挙げようと、周囲を顧みず身勝手な行動を取ってしまう……。
 女性隊員へのクローズアップ、操縦技術やレーダーの分析などでただのコネ入社ではない力量を見せる城野、城野先輩とゲストヒロイン後輩の関係性というこれまでにない切り口、とアプローチは面白かったのですが、いくら手柄が欲しいあまり視野狭窄になっているとはいえ、「見つけた敵性宇宙人をそのまま通報」すれば十分な手柄になるのに、「見つけた敵性宇宙人を籠絡して情報を入手しようとする」のはあまりにも発想が飛躍しすぎて、台無しになってしまいました。
 追い詰められてそこまで愚かな行動を取ってしまう動機付けである「兄の仇を取りたい」「親との約束」が背景説明以上に掘り下げられないので、物語の中でキャラクターの情念が繋がらず、選抜メンバーに入っている事自体の説得力から揺らいでしまったのが、痛恨。
 ……どうやらチーフの過去の武勇伝に影響を受けてのようなので、悪いのはチーフか。
 そんなわけで相変わらず物語が今ひとつ噛み合わない一方で、城野とジュンの訓練からUFOとの空中戦に続く戦闘機を中心とした特撮は見応え抜群。後半ではUGM基地の地上砲台が激しく火を噴き、それに対してUFOと怪獣が共闘を仕掛けるのを俯瞰で見せるのは面白い映像。
 ところで、以前もどこかの回で思ったのですが、UGM隊員の光線銃、怪獣に着弾した際の爆発規模が物凄くてシリーズ歴代最強クラスの破壊力なのでは(笑)
 功に焦った挙げ句、基地内部での怪獣出現を許してしまったジュンは矢的や城野に詫びながら特攻を仕掛けるが、敢えなく撃墜。屋上からダイビング変身を決めた矢的がそれを拾ってさくっとUFOを撃墜すると、怪獣には高高度からのウルトラジャンピングニードロップ! そこからモンゴリアンチョップ、低い位置の回し蹴り、そしてジャイアントスイングに光線技で怪獣を粉砕し、UGM基地を直接狙った宇宙人の作戦は、失敗に終わるのであった。
 「一日も早くUGM隊員になりたくて、一人で怪獣をやっつけようとして大失敗」
 「まったく、城野にはヒヤヒヤさせられたもんだ」
 隊を辞めようとするジュンに対し、過去の失敗談を語った城野は「ここで引き下がっては駄目だ」と激励し、
 「ジュン、勢いがあまってやりすぎちゃうのは、若さの特権だぜ」
 と矢的もエールを贈るのですが、「若さの特権」で許すには余りにも被害規模が大きすぎで、この後、キャップがスーパーダンディ交渉力で上層部を丸め込むのでしょうか。
 後、序盤のあれこれを考えると城野隊員が5年前からの生き残りだと考えるのはだいぶ苦しいと思われるのですが、5年の間、怪獣が出ていない設定は、学園生活と共に亜空間に呑み込まれてしまったのか。
 話の切り口は悪くなかっただけに、ドラマ面での諸々の『80』クオリティが勿体ないエピソードでした。
 次回――鎧武者と異次元エイリアン! ……予告だけ聞くと、完全に東映特撮(笑)

光の国の平常運行

ウルトラマンG』感想・第2-3話

◆第2話「凍てついた龍(the hibernator)」◆
 ナレーション「地球の危機だ。ゴーデスの細胞が大気圏上空に広がり――気象を変化させたのだ。ゆっくりと地球は温暖化する。北極と南極の氷は溶け落ち、太古の秘密がベールを脱ぐ」
 現実の環境問題と絡めつつ、ゴーデス細胞の地球環境への影響と、それによる新たな怪獣出現の可能性を示し……そもそもこの状況を招いたのは、ゴーデスの強大さゆえなのか、或いは、グレートさんの大やらかしなのか(なんか気持ち良く爆散させていたし……)。
 ジャックがユーマメンバーの前に姿を見せ、火星からどうやって地球に戻ったかは記憶に無いと主張。ユーマメンバーがわかりやすいく定番的な造形と配置になっている&初登場が宇宙服姿だった為に、第1話では一番キャラが薄くて物語を引っ張る力が弱い面があったのですが、ようやく主人公らしい感じでフォーカス。
 「奴らは人類を滅ぼす気です」
 ゴーデス細胞は生物の遺伝子どころか大気の分子にまで影響を与え、地球環境を都合のいいように変質させるつもりだとジャックは指摘し、ゴーデス細胞についてや、火星での戦いの映像など、情報の共有ラインが確認されて、だいぶスッキリ。
 ジャック(ウルトラマン)、ユーマ、情報部……地球を襲う異変を巡り様々な思惑が交錯する中、謎の男の暗躍により氷漬けで仮死状態だった古代の恐竜が目覚め、ゴーデス細胞の影響により、氷のブレスを吐き回って大暴れ。
 第1話でのジャックの指摘通り、夜になると怪獣は活動を停止し、火星で何があったかはよくわからないけど僕はゴーデス細胞に詳しいんだ、と現場に出没しては好きな勝手なコメントを残して去って行く、現状120%胡散臭いジャックは、バイクで走りながら、グレートさんと交信。
 「僕は弱虫扱いだぜ」
 「我々には使命がある」
 「それは君の使命だろ」
 「我が一族はゴーデスと戦うか宇宙を去るか、しかなかった」
 「戦う前に、人間でいたい」
 「いつもは人間だろ」
 「人間より、あの恐竜を身近に感じる時がある」
 「uh...」
 おい(笑)
 グレートさんへの不信感が急上昇する中、グレートの宿主としてのジャックが「ウルトラ細胞に寄生されているようなものかもしれない」と取れるような発言をこぼすのは、面白いニュアンス。
 夜が明けて、ジャックはユーマ戦闘機をジャックすると怪獣を引きつけて飛び回るが、炎上する化学工場を目にして同僚を失ったトラウマに襲われると操縦を誤り、グレートさんに変身。
 四つ足の首長怪獣との戦闘はなかなか面白く、頭突きを食らって思い切り吹き飛ぶグレートの図は迫力満点。
 有毒ガスタンクの破壊を阻止しようとするグレートは、冷凍ガスを吹き付けられるとそれを反射してギガサウルスを再び凍らせる事に成功し、なんとなく、ゴーデス細胞に操られているだけの地球の生き物は殺さない路線で、つづく。
 ジャックへのフォーカス、各種情報の共有、怪獣の造形の面白さ、と第1話に比べると話に入りやすく、ぐっと面白かったです。
 一方で、字幕の文字数制限もあってか全体的に台詞が切り詰められており断片的な会話が多い為、かなり話の行間を読まないといけないのですが、文化・文脈の違いで感情表現が把握しづらく、例えば、「含みを持った言い回し」なのか「ストレートに厭味」なのか「ただの軽口」なのか、判断が付きにくいのが、なかなか厄介(その分、ナレーションさんは立て板に水の勢いでガンガン説明してくるのですが)。

◆第3話「魅入られた少年(the cild's dream)」◆
 ペットのトカゲを建設現場で失ってしまった少年が拾った、怪しげな緑の結晶体。キムは知己である少年を気遣い、ゴーデスの気配を感じたジャックも少年を励ますが、結晶体を通してゴーデスに操られた少年により、トカゲムササビ怪獣が出現して街を焼き払う……!
 ナレーションが大変ざくざくと状況を説明していく一方、詰め込んだ諸々の要素が軒並み飛び飛びに展開して30分ぐらいカットされていないかという勢いで目まぐるしく話が進み、一人だけ超訳知りのジャックに皆が振り回されている感が加速して視聴者を困惑させるが、ユーマメンバーは個々人でなんとなく納得して整理をつけてしまう、(まだ3話ですが)ここまでの『グレート』の悪いところを煮出したようなエピソード。
 グレートが怪獣の光線攻撃を、素手でがしがし弾く映像は格好良かったですが。
 ゴーデス細胞に取り込まれた少年は、キムの説得とジャックの説得のどちらが心に響いたのか、そもそも両者の説得の発揮する効果にこれといって裏付けのないままゴーデスの邪念に打ち克ち、グレートは怪獣の火炎を吸い込んで逆に投げつける事で怪獣をゴーデスの支配から解放し、空を自由に飛び回るトカゲムササビの背には、少年の姿が……。
 少年を友人として救おうとしていた筈のキムが「不思議な子だったわ」と過去形で語り、怪獣と少年が空の彼方に消え去るのをなんか感動的に見送って終わったのですが、えええ……。

9/20付けレス

 本日は『ハリケンジャー』感想を書きました。

弾着!

◆匿名さん
 >これは「伝説の勇者」にちなんで、伝説の力を受け継いだ戦隊が選ばれた、ということらしいです。
ああ成る程! 「銀河を貫く伝説の勇者」でしたか。言われてみると、大変ストレートな。

Beniさん
 >全裸ケンプと学ラン剣史&セーラーめぐみのインパクトで、視聴者がほとんど忘れかけていたところに突きつけられる350。
 >こんな、お手本のような劇的な伏線回収、なかなかお目にかかれない気がします。
目の前の事象で意識を逸らしておいて、ここぞの場面で死角からぐさっと刺す! というのが本当に鮮やかでしたね。「350」が簡潔で覚えやすいので、あの瞬間、劇中の人物たちよりも一瞬早く、視聴者がそれに気付いて愕然とする、というのも実にお見事でした。
 >広瀬さんの豹変ぶりも素晴らしかったです。これはもう、粘り強く説得してでも脱がせて正解ですよ長石監督!
ケンプが生まれたままの姿に戻る、事に視線誘導と物語上の意味をダブルで持たせ、脚本の巧妙さもさる事ながら、長石さんもやはり凄い監督ですね。
 >もはや引き返せないくらい改造が進んでしまったマゼンダが恐ろしく、しかし愛の遺伝子回を思い出すとそこはかとなく悲しさもあり。
人間性の部分を見せておくことで、「人間を捨てていく」事の印象がより強くなり、全体構成の歯車も巧く噛み合っていますね。
 >やはり巨大戦後のミサイルには度肝を抜かれました。マゼンダの脅威を印象づけるため、あえて定型を外してくる巧みさに脱帽です。
恐獣ケンプ誕生をじっくり描いた分、下手に見せるとマゼンダの格が落ちかねない流れで、まだまだ天才の力はこんなものじゃない! と脅威を維持してきたのは、見事でしたねー。

◆ヘイスタックさん
 >ここ最近の藤井回で「ケンプも実は昔は良い奴だった」となりかけていたので、メインライターにより軌道修正が入ったとも取れますね。
わかりやすいけれど、やりすぎると安直になる危険性はあったので、ちょっと違うな……というのは確かにあったのかもですね。今回の16歳のいい性格には、強烈な納得感が(笑)
 >剣史の不幸は先にめぐみのような人間に出会えずビアスのような人間に出会ってしまった事であり
この、どこかでやり直せたかもしれないけれど、もうその時間は通り過ぎてしまったんだ……というのは今作で繰り返し持ち込まれているテーゼで、全体を切なく統一していますね。
 >少し前から勇介回=アクション回みたいな扱いですが、以前のガッシュ回よりよっぽどターミネーターっぽかった気がします。
映像的に再チャレンジ感もありましたが、頭脳獣にも存在感があり、追走劇の面白さが出て良かったですね。
 >当初から爆発がやたらと役者に近い『ライブマン』でしたが、遂に役者を直接爆破する所まで行くとは……!
ストーリーもシリアスですが、爆発にやたらストロングスタイルですよね今作(笑)
 >ライブロボの新必殺技は「ストロングクラッシュダウン」になります。
ありがとうございます。技名としては、前の方が必殺技感が強いですね……(笑)

◆五月サツキさん
 >ハリケンジャー(疾風流)とゴウライジャー(迅雷流)の歩み寄りが良かっただけに
今作の長短で、こちらがじっくり描いて納得させてきただけに、御前・緑周りのざっくり感が悪目立ちしてますよねー。シュリケンジャーはどうにも難しいキャラになってしまったな、と。
 >もしかしてハリケン、ゴウライ、シュリケンジャーと6人全員とそこそこの信頼度になってるのって、おぼろさんでは……?
おぼろさんの、みんなを支えるお母さん、げふんげふん、お姉さんポジションは、地球忍者の扇の要ですよね(学生寮の管理人、みたいな)。館長の株価が下がり気味な分が、全部おぼろさんのポイントに吸収されているところはありますが(笑)
 >今回退場のサーガイン、発明が出来る頭脳派でありながら剣を主体とした高い戦闘力を持つという実力者である事に加えて、
 >仲間思いで且つ仲間からの信頼も厚く、忠誠心もあり、とても魅力的な敵キャラでした。
スキル的には盛りすぎ感もありつつ、なんだかんだ気遣い屋なのが、サーガインはおいしかったですよね。ジャカンジャ幹部陣は、スタート時点より徐々にマイルドな関係性になっていった感じはありますが、その中心軸になるキャラだったなと。最後まで格好良かったです。
 >七本槍は前半で退場したチュウズーボ含めて実力者揃いで、ないようである仲間意識も相まって、ジャカンジャってかなり強い組織ですよね。
目的が違うので、搦め手や遊びに走りがちですが、一直線に地球征服を目指していたら、かなりいい線行った感じありますよね。
 >タウ様はちょっと分からないですけど、サンダールがサーガインにトドメを刺したことには気づいていたのか、牽制してましたし。
あそこは演出でムカデ様の奥行きを出していて、良かったですね。普段、本当にちゃんと考えて行動しているのか、微妙に信用できないボスキャラなだけに……(笑)
 >……勇気はフェニックスは強烈でしたよね(笑)。
使われ方とイントロが凄く格好良かっただけに、忘れられません(笑)
 >トリ、序盤からちょくちょく活躍していて、マベとの関係性といい単なるマスコットじゃないんですよね。
要所要所でいい仕事をしつつ、ちゃんと愛嬌を付けているので、都合の良すぎるマジックアイテムになっていないのが、いいですよね。
 >ハカセなら考えがあると思っている感じなのがいいですよね。それに対してハカセは「無い!」と堂々と断言して(笑)。
男性キャラの描写はマベジョーの関係が中心ですが、マベハカセの、お互いにないものを持っている同志、というのも、いいコンビですよね。
 >「良い子にはクリスマスプレゼントをあげなきゃね」というセリフが凄く好きです。
劇場版との関係もあってか大葉健二さんのスポット参戦を、まさにレジェンドが概念的なヒーロー像を見せる、というのが素敵でしたね。