東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   Twitter→〔Twitter/gms02〕

ウルトラヤバい恋愛塾

ウルトラマントリガー』感想・第10話

◆第10話「揺れるココロ」◆ (監督:辻本貴則 脚本:林壮太郎
 三悪の筋肉担当ダーゴンは考えていた。
 (年増の女王様にチクチクいびられるより、若い女の子の平手打ちの方が、いいよね……)
 椅子にでも座っているのかと思いきや、片足で全体重を支えていた、筋肉で考える人のポーズは面白かったです(笑)
 果たして平手打ちで目覚めてしまったものはなんなのか、悩めるダーゴンのストーキング風景がユーモアたっぷりに描かれ……『Z』時空の侵食が副作用を引き起こして取り返しのつかない事になっているのでは。
 (なんだ……? この、モヤモヤした気持ちは)
 「モヤモヤするね~」
 「ぬぁっ?! 何やつ?!」
 凄く面白そうな玩具はっけーん、と極上センサーでロックオンしたイグニスは、ダーゴンに「それは恋」「生けとし生ける者は恋を重ねて強くなる」と吹き込み、ユナに迫り来るダーゴンの壁ドン(闇のウルトラ張り手)、そしてバッグハグ(チョークスリーパー)に対し、早速炸裂する、対変態用スタンガン!
 前回ラストから流れるような決め打ちでしたが、圧倒的筋肉によりチクッとしたぐらいのダーゴンは、ユナの頭をなでなで。
 「おいおーい! アイアンクローじゃ乙女心は掴めないぞー」
 そこへ急を知ったケンゴとアキトが駆け付け、あっさり弾き返されたブースト射撃の直撃を受けたアキト、殉職(……まあこの後、何事も無かったかのように動き回っているのですが、ドサクサ紛れで誤魔化すのも限界があるのでは)。
 イグニス先生の恋のレッスンが効果を出さず、焦れたダーゴンが地団駄踏むと地底で眠っていた怪獣が復活。
 ファルコンが囮となって怪獣を市街地から引き離そうとするのは納得の運用なのですが、ナース号に画面切り替わると、コントローラー握って横移動するナナセ隊員を正面から撮るので、視点は繋がらないし映像は面白くないしで辛い(役者さんの後頭部ばかり撮っているわけにいかない都合はわかりますが、主観的映像で切り替えるなら、せめてカットの繋ぎは、後ろから撮って欲しかったところ)。
 操縦シーンの演出は一本調子になるし、役者さんはハイテンションな一人芝居に縛られるし、私は顔面アップの絶叫映像が苦手だしで、今のところファルコンに全く得がありません。
 ユナとアキトにダーゴンを任せたケンゴはトリガーに変身し、「街の防衛」が最優先は理解できるのですが、トリガーが怪獣の方に向かうと「三悪はユナ(ユザレ)を狙っており、普通に考えると残してきたアキトが死ぬ」バランスが悪すぎて選択肢にしようがないので「危険レベルを考慮せずに放置されたダーゴンが(ユナはともかく)アキトにさえ手ぬるい」と緩すぎる行動を取らざるを得ず、もう少し丁寧に状況を組み立ててほしいところ。
 だいたい、シズマ会長=別次元人、ユナ=ユザレ因子の継承者、まで明かされているのに、ケンゴ=トリガーは何故か秘密を継続している為に、闇の巨人ダーゴンに生身で立ち向かうとか、ユナから離れてからトリガーに変身するとか、本末転倒めいた支離滅裂な展開になってしまっていて、色々と、手順を間違えたような。
 様々な事情はあるのでしょうが、基本的に地上で行動するメンバーがケンゴ・アキト・ユナの3人だけ、という縛りが、各所で歪みとなって軋みをあげている感。
 その上で、スライディング変身したトリガーが「ファルコンを助ける」のもピントがズレていて、ダーゴンを放置して怪獣を優先したからには、そこは無人機ではなく人命を救助した方がドラマが自然に繋がると思うわけなのですが。
 有人機と無人機の決定的差異を無視して、「墜落しかけた仲間の機体を救う」“お約束”をやっているだけにも見えてしまい、ファルコンを助ける事でトリガーのヒーロー性を上げようとする演出には、首をひねります。
 トリガーは怪獣と激突し、マンションの一室の窓から巨大戦を映す場面で、スポーツサイクル・ダーツ・ボクシンググローブ・謎の表彰盾・ラグビーボール・観葉植物……が雑然と並んだ部屋の主は、某国際警察の陽川咲也なのでは(笑)
 戦闘シーンは、精巧なミニチュアに凝ったカメラワークなど、様々な趣向を凝らしてはいるのですが、対戦相手のドラマ性の欠如はどうにも如何ともしがたく、正直つまらない内容(勿論、映像的面白さそのものは一つの魅力となりえますが、私はそこに“物語”が乗ってこそ、の人間なので)。
 放電攻撃のエフェクトとか、地面から噴き上がるような爆発とかも格好いいのですが、まだ戦いに“物語”が乗っている筈の地上組の方は、間近のダーゴンそっちのけでアキトが怪獣に集中してしまうなど、あまりにも雑。
 アキトの作戦が功を奏してトリガーの連打が怪獣を捉え、“恋を重ねて強くなる”とは誰かを守りたいと思う強い気持ちにあり、と悟ったダーゴンは指先一つで怪獣を弾き飛ばすと、アキトを恋の好敵手と認めて悠々と去って行くのであった……。
 (決して侮るなかれ。強き心を持つ、弱き人間たちを)
 人間大の悪の幹部と接触し、なんやかやあって助けられた事にアキトが借りを感じるなど、ホント、作りが東映っぽい(笑)
 前回入手した新情報を元に石板の解析を進めるアキトは、怪獣出現とエタニティコアに関係があるのではと推測。そして、新たにアンロックされた部分に描かれていたのは、第四の闇の巨人の存在。
 「その巨人の名前は――トリガー」
 で、つづく。
 次回――お久しぶりの女王様タイムで、愛ってなんなんだ?

遠くの星から来た理不尽

ウルトラマンコスモス』感想・第55話

◆第55話「最終テスト」◆ (監督/特技監督:村石宏實 脚本:武上純希
 ナレーション「その日は、ムサシ隊員にとっても、ヒウラキャップにとっても――そして、人類にとっても、未来が試されるテストの日になったのです」
 ムサシは「怪獣との共生」についてのレポートをヒウラに課され、そのヒウラはサワグチ女史に呼び出され、第44話以来の村石&武上で、ヒウラ×サワグチに一つの決着が付くと共に、第7話で登場したガラモンぽいのの背後関係が描かれる事に。
 「互いに息を潜めて生きていく事が、おまえの言う、理想的共生、て事になるのかな?」
 「そうですよね……もっと、互いに助け合って生きていけるんじゃなきゃ、意味が無いですよね」
 「ああ。でもきっとなにか、道がある筈だ。それを探すのが、今回のテスト問題だろ?」
 より前向きな関係に向けて道を模索するムサシだが、鏑矢諸島に飛来した謎の光球が、ちょっとアナクロな異星人衣装の少女の姿となると、今はピグモンぽいのに接触し、それを止めようとしたムサシも拘束されてしまう。
 「ガモランは人類に課せられたテスト問題よ」
 「……テス、ト?」
 「この星の文明が危険かどうか測定する為のテスト」
 これはテストなので侵略活動ではありませーん、と宣言する銀河共和同盟からの試験官だが、テストだったら生体兵器による破壊活動が正当化されるわけではないので、丸め込まれるなムサシ!
 「力には力を持って制するしか、地球人は方法を持っていない。それでは、文明人とは言えないわ」
 地球文明の成熟度を測るのにイレギュラーなコスモスの動きを封じた試験官は、再び怪獣兵器と化したガモランを市街地へと送り込み、先制攻撃で街を蹂躙しながら、殴り返してきたら野蛮人認定しようと待ち構えている理不尽さと基準の押しつけが、実にアナクロな先進高度宇宙文明感満載です。
 試験官少女の衣装など見るに、意識的に、“ちょっと古めのSF(円谷感)”をやりたい意図だったと思われますが。
 ガモラン攻撃の決断を迫られるチームアイズだが、人と怪獣の共生の答えとして、攻撃以外の手段を提案するフブキは、鏑矢諸島から借りてきた同族を戦場へと投下し………………あの、これは……
 人質
 というやつなのでは。
 戦闘機の下部ハッチがぱかっと開くとそこから吊り下げられるミニ怪獣の姿といい、拘束されたまま(風船を取り付ける都合ですが)ぼてっと地面に転がる姿といい、画が最悪すぎて、地球人の心証が……!
 そして、ガモランがミニ怪獣に気を取られている隙に背後からレーザーワイヤーを引っかけ、力には卑劣な策をもって当たるのが、正しい文明人の対応ですね!!
 そのままガモランを宙吊りにして運ぼうとするアイズだが、転んだミニ怪獣を見失ったガモランが暴れ出してしまい、試験に成果を出した後の不測の事態とみなした試験官がムサシを解放して、コスモス出現。
 「後は頼むぞ、コスモス」
 不在のムサシを代弁してみたり、あっさりとコスモスに後を任せたり、フブキの芝居は完全に、ムサシ=コスモス認識でやっている感じ(後アヤノも怪しい)。
 ガモランの破壊光線を回避したコスモスは、洗脳装置にウルトラ張り手を叩き込むと、コロナ……はスキップしてイクリプスし、ガモランを沈静小型化。
 試験官は「共生不可能とも思える怪獣と手を取り合おうとしている」から合格! と飛び去っていき、この言い方を額面通りに受け止めると、怪獣と共生している惑星の方が希少事例の疑いが強くなるのですが、やはりテストのポイントは「正面から殴り合わずに頭を使う」事だったのでは……。
 あとムサシ、
 「試験は合格だったんだ……」
 と、理不尽を笑顔で受け止めすぎで、この人達、主張と思想性はともかく、やっている事はノワール星人の同類なので、これが諸先輩方だったら、「本当に必要な文明の姿を教えてやるぞゴラァ! ウルトラ一家のメンツ潰して小指で済むと思っとんのか!」と相手の母星に乗り込んで以下略するレベル。
 ムサシ拉致と怪獣出現の緊急事態に、すっかり忘れていたサワグチ女史との約束の場に急ぐヒウラだが、女史の姿はそこにはなく…… 既に機上の人となったサワグチが空港職員に託していたメッセージを受け取ったヒウラは、サワグチがジェルミナ3に赴任する事になり、数年の間、地球を離れる事を知る。
 (行くべきか残るべきか……あなたの心を試す最終テストのつもりでしたが、大学時代と同じ、やっぱりヒウラちゃんは落第点でした)
 「抜き打ちテストかよ~……そりゃないよサワグチくーん」
 (P.S 次に地球へ戻るとき、もう一度テストをやりなおします。テストを受ける気があるなら、女心をお勉強してそのチャンスを待ちなさい)
 「……ハイ!」
 ヒウラは追試に闘志を燃やし、なんだかんだヒウラキャップにだだ甘なサワグチ女史であった、でつづく。
 以前にも書きましたが、ヒウラを別の角度から見せられる点でサワグチ女史は割と好きなゲストキャラだったので、キャリアのある女優さんを配していた事により、随所に挟み込む空港で待っているシーンだけで雰囲気を出しながら、未来へ繋げた着地点は結構良かったです。
 構造的には、一歩間違えると以前の「奇跡の花」回の二の舞になりかねないところでしたが、「女史との約束は気になるが、人生の肝心な所で部下と仕事を選んでしまう男」(だから女史もヒウラを嫌いになりきれない)のが、戦場と空港の距離を離す事で上手く成立しましたし、そこにムサシも巻き込んで、冒頭に「テスト」のキーワードで全て一つに関連づけてしまうのは、武上さんがベテランの技。
 共生テーマについては、最終盤への引きを作りつつお茶を濁した部分も出ましたが、テーマ偏重になりがちな『コスモス』にしては珍しく、ミニモン大作戦によりテーマ云々と離れた所で変な面白さが飛び出したのは、個人的には好み(笑)
 次回――今度の挑戦者は、地球最強の力士だ!

11/29付けレス

 本日レスのみ。ちょっと充電中。

「げっこうちょう」と言われるとどうしても『∀』

◆ガチグリーンさん
 >冴島家直系の魔戒騎士にして、涼邑零を師匠に持ち、その強さは歴代黄金騎士の中でも最強と言われています!
零のピースはそこに入るのですね。雷牙自身が、第1期のハイブリッド的な次世代サラブレッドなキャラであったと。そして元同級生が師弟関係を演じるというのは、フィクションの面白さですね。
 >演じた中山麻聖さんは、俳優の三田村邦彦さんのご子息
ああ! 顔立ちに見覚えがあるのは何故だろう……と思っていたのですが、なるほど三田村邦彦さん。線の柔らかさと、どこか育ちの良さそうな感じがはまったキャストですねー。
 >このマユリですが『魔戒ノ花』では当初、感情表現に乏しく、雷牙に対しても塩対応なキャラ
マユリの方が、クールと呼んで……げふんげふん、当たりのキツいポジションだったのですね。
 >『牙狼』世界ではいつものこと…と、感覚マヒしてましたが、確かに中々の変態具合ですね(笑)
衣装的には雷牙のネガのイメージがあったのかもですが、出てくるのが夜道な事もあり、もう変質者にしか見えなくて……出てきた瞬間に、映画としてギアが一つ上がるのは見事でしたが(笑)
 >列車内での描写は監督の趣味全開の世界なので、好き嫌いは分かれそうですが、個人的にはとても楽しめました!
含めて雨宮ワールド満開でしたが、『牙狼』の特徴の一つである“異界”感を、列車及び一つ一つの車輌を異世界と見なす事で表現するのは、アイデアでしたね。
 >後半デレたキャラ(伝わるかわからないですが『TIGER & BUNNY』のバーナビーのような)
大変よくわかりました(笑) ほだし系主人公だったのですね、雷牙(笑)
 >鋼牙が出ても揺るぎのない主役としての雷牙を演じれる!との判断で、今回ファン待望の親子共演となったそうです
ああ、主役として食われないだけの役者になったからこそ、というのがあってのがっつり共演だったのですね。
 >1期の『牙狼』っぽいアクションは全部入れよう!
今、感想に書き忘れた事を思い出しましたが、今回、「鎧が使用不能」とする事で、より合理的に生身アクションを押し出すのは、原点回帰とストーリー展開が噛み合って鮮やかでしたね。このシリーズの、アクションドラマとして目配りの良さだな、と。
 >今回唯一の普通の人間として本当にゴンザの存在は癒し(笑)
ちゃんとゴンザに見せ場があったのは、ツボの押さえ方として嬉しかったところです。
 >終盤「京本政樹」のインパクトに印象を持っていかれちゃってるのが少し不憫ですね(笑)
そうなんですよね……(笑) 仮面を取ったら、おお松田さん! からの京本インパクトにどうしても上書きされてしまって(笑) 元魔界騎士という事ですし、松田さんメインのダークヒーローは実現したら格好良さそうですね。
 >還暦とは思えない外見とアクションで素晴らしい悪役っぷりでしたね!
京本さん、キャリアもありますが、ホント、出てきた瞬間の顔のインパクトで場を持っていける人ですよね……因縁の宿敵として存在感のあるラスボスぶりで大変良かったです。
 >人界と魔界の均衡を保つ、ザルバの上位種みたいな大いなる存在です
成る程、それでザルバを窓口に呼べたのですね。声が大友龍三郎さんなのが嬉しかったです。
 >渡辺裕之さんも老けないですよねー(笑)
年を重ねるとどうしても脂が抜けるものですけど、渡辺さんは、いい意味でまだギラギラしてますね(笑)
 >鷹皇騎士・王牙! 元はパチンコ『CR魔戒決戦牙王』に登場したオリジナルキャラクター
パチンコ由来だったのですか! 全展開を貪欲に取り込んで、本当に集大成だったのですね。
 >「雷牙くん、ちょっと瞼の母を美化しすぎてない?」と感じる場面は多々あり…(笑)
父と師匠の、英才教育の賜物ですね……(笑)
 >雨宮作品は、表面上どんなに尖った事をやっていても、その根底に「ヒーローが好き!」が垣間見えるのが好きです(笑)
あくまで「表現の幅」であって、根幹で描きたいのは、そんな世界を守って戦う「ヒーロー」なんだ、というのが今作でも伝わってきて、実に満足度の高いクライマックスでした。
 >『魔戒ノ花』の主題歌「雷牙~Tusk of thunder~」
大河・鋼牙・雷牙の名前が歌詞に入っていたので今回の為に作ったのかと思っていたのですが、主題歌のアレンジバージョンだったのですね。見事なはまり具合でしたが、原曲も聴いてみたいと思います。
 >雨宮監督は今回で「これ以上はできない、使命を全うした感じ」
テーマ的にもキャスト的にも、本当に集大成の内容でしたものね……第1期のTVスペシャルもでしたが、ある意味エクストラストーリーながら、本編のテーマをきっちり軸に据えて蛇足感のない美しい着地になっているのは、企画の中心人物がハッキリしている事の強みで、雨宮監督は本当に見事なお仕事でした。
 >稲田さんはTV本編終了後の劇場版2作目と3作目では、なんとコスモスの声を担当
おお、こんな頃にウルトラマンの声をやっておられたのですか。
 >「東映の人と思われがちだが、円谷作品も大好きなので出して!」と懇願されていました(笑)
……ああ……稲田さん、東映愛を、語りすぎたんですね……(笑)
 >アメフトのイメージというのは知っていても、ここの影響もあってか、もう相撲にしか見えない…(笑)
「スーパー頭突き」が飛び出した時に、あ、やはり相撲だったのだな、と……!(笑)
 >ノワール星人の扱いや防衛軍の描き方次第で、もっと面白くできたはず!とは思いましたねー
悪の宇宙人が地球人に利のありそうな交渉を持ちかけてくるアプローチは面白かったですし、そこを掘り下げてもまた面白くなったのでは、と怪獣のアイデアも含めて、ちょっと勿体ない感じでたしたね。
 >味方メカだった『Z』本編では、ここまで派手に壊すわけにもいかなかったでしょうし
ああ丁度、客演&メイン監督で、景気良く吹っ飛ばしやすい場であったわけですか……(笑) 面白楽しく、に大きく振ったクロスオーバー前後編でしたが、この後、田口監督が通常の本編にも参加するようなら、それも楽しみなところです。
 >今回の面白さは声優陣の技量によるところが大きかったですね!改めて凄い方々だ!と感心しました
ここまでのキャラ立ちもありますが、4人揃って「ダイヤ」しか言えなくてもなんとかなるでしょ! で、何とかなったのは本当にお見事でした(笑)
 >ここまで敵側のキャラの心情が描かれるのは凄いですよね!『ゲキレン』の理央・メレ以上の優遇では
理央メレも悪役サイドの自由度を上手く活かした作劇でしたが、今作のステイシーは完全に、物語を“動かす”側に回っているのが凄いですよね……。
 >商業的に『ゼンカイ』が厳しい事実を知ると「そりゃこの作劇ではな…」ってなります
当初の売り文句とは裏腹に、そもそもキカイノイドのロボット感が薄かった上に、常にロボットが活躍! という感じでは全く無くなってますものね……ステイシーの刺さり方も、年齢層高め向けな感じはありますし。
 >それは良いんだけど、脱走後、全く描かれていない母ちゃんが、今どうなっているのかが本当に心配です!
レスのやり取りで思い浮かんだ与太ですが、多次元世界を股に掛けたレジスタンスの女帝になっていると面白そうだな、と(笑)