東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   Twitter→〔Twitter/gms02〕

9/19付けレス

 本日レスのみ。マジックが減らない……。

イズじゃナイト

◆chi‐chanさん
 >すいません、漫画版イチローはずっとノーヘルでした。ちょっと昔読んだ資料とうろ覚えになってしまい、説明不足で申し訳ありません。
ああむしろ、ヘルメット無かったのですね。人造人間だから、ノーヘルでサイドカーでも大丈夫!
 >ニギローの演者は電王のキンタロス登場回のゲストで、ウルトラマンメビウスの防衛チーム隊員だった人でもあります。
キンタロスの生みの親?でしたか。今回みたいなヒューマノイドの場合、基本表情を動かさない、というのはなかなか、演者さんも大変そうですね。

◆ゆーりさん
 >中澤監督はこちらのプロデューサー座談会で、「ジオウは4話でようやく理解した」「中澤監督が説明を画で見せてくれた」と評価されていますね。
記事のご紹介、ありがとうございます。世界観を提示しつつ、作品による演出ラインの見せ方がホント巧い監督だなと思います。
 >ゼロワンは特撮初の脚本家もサブとして参加されるそうで、新規でも書きやすいように早めにフォーマット作ろうとしてるように感じますね。
新フォームを盛り込みつつではありますが、基本中の基本フォーマットを、早くから見せる形にしてきましたよね。1話完結を基本としながらドンドン新フォームが登場してくるというと『ゴースト』序盤のつまづきを思い出しますが、巧く乗り越えていってほしいです。

◆中吉さん
 >あの握り方と真心になんの関係があるのかというのはさっぱりでしたが、一万回練習して出直して来い、からの流れは少し面白かったです。
ロボと人間のギャップ、の見せ方は面白く出来ているので、今後も期待したい部分ですね。
 >この辺は、おおそう来るか、と感心しました。まだopにしか登場していない二人のライダーもそれぞれまた違う考え方をしていたら面白そうですね。
今のところ、キャラの個性の見せ方は巧く行っているので、この調子で進んでいってほしいですねー。
 >アルトとイズのやり取りがこんなに見てて楽しくなるとは思っていなかったので嬉しい収穫です(笑)。この二人がどのようなところに落ち着くのかも楽しみにしたいです。
イズはしばらくはもっと無機質な感じでいくのかと思ったら、序盤からぐいぐい来ますね(笑) 「ロボットと心」というテーマにおいては中核になりそうなキャラですから、どうなっていくか楽しみです。

◆hokage8ryuさん
 >ライダー達3人の立ち位置って初期のパトレンジャー の立ち位置と似てる気がします。
そのなぞらえで、「つかささんがどす黒い上層部と密かに繋がっている」と考えると、この世の地獄ですね……!(笑)
 >アークとか箱舟とかいう単語が出てきたがそういったものを復活させると復活させたものが真っ先にひどい目にあうのが創作物のジンクスな気が。
アークはデザインが、飛電の衛星と似ているのも、気になりますよね……同型後継機で最初に作ったのは飛電というのはありそうですが、飛電が真っ白とはやはりどうにも思えず(笑)
 >最後に出てきた謎の男は滅亡迅雷ネットとも通じてそう。
今のところ、黒幕ポジション最有力ですが、出し惜しみしない作風なので、そう遠くない内に顔を出すかもですね。この手のポジションのキャラをどんな性格にしてくるかは、楽しみな部分です。
 >スタッフの中で昔ながらの頑固な職人といえば渡辺哲さんという認識があるのではと感じました。
まあ、如何にも、な見た目ですよね(笑)

◆インザファイトさん
 >今作は「笑いを取ること」を或人の信念そのものにすることで、或人のやっているギャグは本当にその場しのぎでは無い、という背景構造を持たせているのがいい。
確かに、挟み込むギャグに物語上の必然がある、というのは今作の巧いアイデアですね。最初から、売れない芸人、という扱いも、ハードルを下げましたし(笑)
 >後これは完全に私情なのですが、イズが可愛い(笑)
もうちょっと冷めた感じにするのかと思いきや、急速に名コンビ化していて、良いですね(笑)
 >先ほどの或人とのギャグのやり取りである程度不快感を緩和したり、と或人というキャラをしっかり立てていますが
アルトのギャグをイズがサポートする事で、くどめのギャグシーンがそのまま、イズ可愛いシーンにスライドしている、というのもアイデアですよねー。このコンビの構造は、巧く出来ているなと思います。
 >「ブレイド」の栞さんとか、「ネクサス」の副隊長とか、主人公とよく絡む女性キャラ(まあヒロインに限った話じゃないですが)に好感が持てないのは改めて致命的なんだなと(^^;
くしくもこの二人は、男女のキャラの描き分けにおいて、女性キャラを必要以上にヒステリックに(見える形で)描いてしまっているパターンですね。
 >そういえば仮面ライダーオーズ、以前に貴方が見逃した回が配信されているようです。機会があれば見てみてはいかがでしょうか。
すっかり忘れていたので、ありがとうございます。

◆尚さん
 >70年代どんとこい、という心構えで01を視聴したにも関わらず、結構戸惑いがありました。
続編もの、というのも影響しているのかもですが、敵味方の構造が特殊な上で敵サイドが前作前提というのは、割と掴みづらい部分のある作品ですよね。とりあえず、ハカイダー四人衆には頑張っていただきたい……。
 >ところで、V3の今週配信分を視聴していたところ、第49話の脚本のクレジットが長石多可男さんでした。
 >びっくりしてから、こちらに報告しなければ・・・!と思いました。
おお、ありがとうございます。この時期はちょくちょく、助監督陣に脚本を書かせてみてその中から、なんて事もあったみたいですね。

9/18付けレス

 本日は、『仮面ライダーゼロワン』の感想を書きました。

四段攻撃の秘密!

◆ハヤさん
 >シュールギャグを連発しつつ、ヒーローらしさを決して失っていない、奇跡のようなバランスを発揮した作品として印象に残っています。
『カーレン』はトンデモやセルフパロディめいたものをふんだんに盛り込みつつ、ヒーロー物としての芯の部分は決して茶化さない、というのが作品として凄く良かったですよね。リアルタイムでは見ていなかったので、改めて見て、ここまでのものとは思いませんでした。
 >バリンガーZに関することなのですが、あれは後の話に出てくるノリシロンの強化タイプに差し替えられたことが分かりました。
割と露骨に、『マジンガーZ』のパロディをやろうとして取りやめになった、という話は聞きましたが、実現したら、どんな事になっていましたかね……(笑)

◆chi-chanさん
 >自分より火力を出せそうな01を覚醒させる
……お、おや……? 漫画版のお話を聞いていると、MX-A1とジャンパーソンの関係に通じる要素があったのですね。
 >これ敵に知られたら確実に夜襲オンリーになる致命的な弱点ですよね…。
ナレーションさん、そこざっくりでいいのかレベルな(笑) そして考えてみると、ハカイダー四人衆はこの弱点を知って攻撃を仕掛けたわけではないので、戦闘力10分の1になった01を倒せない四段攻撃……とは何か?!
 >ちなみに設定ではヘルメットに色々と重要機構が組み込まれているため、イチローは本編では着替えどころかヘルメットを脱ぐことも出来なかったようです(笑
変身システムが組み込まれているのに、第1話でさらっと脱いでたのは、あ、それ、いいんだ……と思いましたが、漫画版では不許可だったのですね(笑)
 >メタな事を言うと、01の2クール目くらいからジローの演者が主役の『イナズマン』が開始していたので大丈夫だと思います(笑)。
ああ、そういうタイミングでしたか。未見ですが、続編は噂に名高い『イナズマンF』だったり、まさに変身ヒーローの爛熟期ですね。
 >私としては漫画版を通してみると平成ライダーやゼロワン、ジャンパーソンに繋がる部分があるので、一度見てほしいなとお勧めします。
実は石ノ森漫画を全然通ってなかったりするんですよねー……機会があれば読んでみたくはあります。
 >同じ作者の『ロボット刑事』やロボコンにはない人間変身機能を、なぜキカイダー兄弟が備えていたのかが気になります。
イチローさん、生まれたての割にしれっと人間に変身して、しれっと順応しているの、割と謎ですよね(笑)
 >漫画版だと完全に中身がギルなので「人間の悪辣さと頭脳、機械のタフさを兼ね備えた狡猾な悪のサイボーグ(但し攻撃力は微妙)」
理想像は凄くわかるのですが、どうも長所が全く発揮できてないですよね……(笑)
 >しかも稲田さんはこの2年前、映画版のコスモスでコスモスの声を担当していたので…
その時に気に入られたとかあったんですかねー。稲田さん、仮面ライダー(1号)とウルトラマンと戦隊メンバーと、全てやっているんですね(笑)
 >他ウルトラマンと区別する意味で円谷プロ公式サイトでは「ウルトラマンネクサス」とされており
公式でも、便宜上「ネクサス」なのですね。
 >一般人の行動規範とプロ戦闘員(それもかなりシビア)のそれは同じでは無い訳で。
その摺り合わせを劇中で先に行っておけば、「それでも人命を優先する」という孤門の行動にドラマが生まれるのですが、そこを擦り合わせていないので、ナイトレイダーがどんどん、よくわからない人達になっていくんですよね……。

◆Nさん
 >2週に渡って基地を破壊される敵組織には涙を禁じえません。
ヒーローが何をしていたかというと、少年を守るついでに基地を壊して回っているという(笑)
 >この辺り、エピソードそのものの問題点として見るべきか、時代特有の緩さとして見るべきかなのか、受け止め方に引っかかってしまい、素直に見てもネタ的に見ても乗りづらかったです。
バトルの尺が長め(&今目線で見るとどうしても単調)なのと、演出テンポと繋ぎ方の感覚が違う、というのは時代的なものが大きいので、少し慣れというか割り切りが必要になるかもしれません。戦闘シーンは、方向性がはまってくると劇的に面白くなる場合もあるのですが。
 >ハカイダー四人衆の顛末はちょっとだけ気になるので、もう少し見続けたいと思います笑
このまま半端なポジションでなし崩し的にリタイアしていくのか、怪人ポジションが登場して幹部キャラらしくなっていくのかは、気になりますよね(笑)

◆中吉さん
 >私も一瞬(えっ?)と思いました。わざとなのか適当に同じのを買ってきたのか…。
今作だけに、衣装班の予算の都合疑惑がちらつくのが(笑)
 >今回と前々回の触手ビースト関係の演出はいい感じですね。1~4話の分裂するビーストとは違う形の怖さがあり、こういう変化の付け方も面白いと思います。
一話一殺で巨大戦をやれない分、脅威としてのビーストの見せ方はじわじわ面白くなっていますよね。後は対抗するナイトレイダーの方が面白くなればいいのですが……。
 >「目の前の命を助けようとしないなんておかしい!」とバシッと言うわけでもなく、(自分の考えが甘いのだろうか…)と悩むわけでもないので
個人的には、そこを突破してこそヒーロー性が生まれるのでは、と思っているので今作で引っかかるところの一つなのですが、副隊長に文句言うだけなので、巧く世界観が広がらないですよねー。孤門回りの構造をシンプルにする意図だったのかもですが、裏目に出てしまっているなと。
 >それはそれとして、少女に孤門なりに精一杯の言葉をかける様子は孤門の良さを今までで一番感じさせるシーンで良かったと思います。
ようやく、自立が始まった感じで、ここは良かったですね。今度はそれだけに、ピンチになるとピンチのまま、というのがなかなか作劇が難しいですが……。

野球選手ギア・ニギーロ

仮面ライダーゼロワン』感想・第3話

◆第3話「ソノ男、寿司職人」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:高橋悠也
 人工知能搭載人型ロボ・ヒューマギアが、様々な仕事をサポートする新時代。AIテクノロジー企業の若き社長が、人々の夢を守る為、今、飛び立つ――」
 今回から通常OPとなり、入りの「ゼロワンゼロワンゼロワン……」というスキャット部分のリズムに合わせて次々と主要キャラとその変身する仮面ライダーが映し出されるのが大変格好良く、滅亡ギルド側もライダーに変身する事を出し惜しみせずに見せて複数ライダーの存在を押し出した作り。
 そして明らかにそこ、ボスキャラの登場タイミングなのですが先代ーーーーー(笑)
 本編にはまだ劇中CMにしか登場していないのに、今回も先代の深すぎる爪痕に持っていかれてしまいましたが、OP映像において、バルキリーがゼロワンやバルカンと同格で描かれているのは、今後の楽しみなポイント。暴走ヒューマギア集団とのバトルシーンで、しれっとバルカンを踏み台代わりに使っているのもおいしい
 ……で、お客様! そこのお客様! ビル内部で拳銃を剥き身で持ち歩くのはご遠慮下さいお客様ーーー?!
 不破諫、逮捕。
 後は秘書子さんのウェイトがかなり大きく、こちらも期待大。秘書子さんは立ち位置のヒロイン度が物凄く高いですし、ここまでの描写も良い感じなので、順調に成長していってほしいです。
 アルト&イズが寿司職人ヒューマギアを社長自ら売り込んでいる頃、デイブレイクタウンでは滅亡ギルドが本日も暗躍中。
 「我らがアークの完全復元は近い」
 第1話で存在を強調されていた湖底の赤い光がクローズアップされ、どうやら滅亡ギルドは、シンギュラリティに到達したヒューマギアのデータを集めているらしき事が示唆。
 一方、寿司職人ヒューマギア・一貫ニギローの売り込みは難航し、そこに訪れたA.I.M.S.の刃唯阿が先端テクノロジー大好きな技術屋らしき顔を見せ、ただのトリガーハッピーではありませんでした!
 「テクノロジーと共に生きるのが、新時代の生き方だ。ヒューマギアとどう付き合うかは、ようは人間次第」
 唯阿は不破と違ってヒューマギアにも肯定的であり、A.I.M.S.はあくまで「違法ヒューマギアの取締機関」であって、「ヒューマギア(飛電)の敵」ではない、というバランスを提示。
 唯阿に助け船を出して貰うアルトだが、三つ星寿司屋の頑固な老店主は首を縦には降らず……まあ、ロボットの握った寿司に心がこもっているかという形而上学的な問題以前に、いちいち「魂の一貫」とか「匠の一貫」とか言いながら寿司を出してくる職人は、個人的には御免被りたいですが!
 契約交渉の難航中に、床屋ギアが変貌したイカマギアが近傍に出現。バルカンとゼロワンはイカのゲソ攻撃に苦戦した末にイカスミで逃げられてしまい、今回のアルトはひたすらくだらない言葉遊びを繰り返す路線なのですが、アルトのお笑いキャラをどう見せていくのかは試行錯誤中といったところでしょうか。
 その戦闘をイズが冷めた瞳で見つめているので、これは後で、「是之助様、貴方のバカ孫、ごほん、失礼しました。もとい、アルト様はまだゼロワンの能力を使いこなせておりません」みたいな事になるのかと思ってドキドキしていたら、解析した戦闘データを衛星に送る事で、新たなプログライズキーを製造、と超便利・超お手軽。
 今後、逆にイズが居ないとゼロワンが強化できない、なんて事もあるかもですが。
 新たなキーを手に入れたアルト達は再び営業に向かい、元弟子から得た情報を元に大将秘伝の握り技・天空真心握りを再現する事で、老いた職人の心の隙間に忍び込むに成功するが、イカマギアが広範囲のヒューマギアに滅亡迅雷精神を注入した事により、ニギローも暴走してしまう。
 暴走ニギローの破壊を躊躇う内に、暴走マギアの軍団に襲撃されそうになったアルト達を救ったのは、イカの行方を追っていた唯阿。
 「一つ教えておいてやる。バックアップさえあればいつでも復元できる。それが人工知能。それがヒューマギアだ。たとえ壊しても作り直せば済む話」
 「そう簡単に割り切れるかよ。ヒューマギアは人間と心を通わせるパートナーだ! 道具じゃない!!」
 「――ただの道具だ」
 先端技術畑でヒューマギア肯定派だが、それはあくまで「道具」としてである唯阿と、ヒューマギアを道具扱いする事ができないアルトの間の断絶が描かれ、いっけんアルト寄りだったが本質として全く違う所を見ている唯阿の、第三のスタンスが綺麗に確立。
 アルトに向けて簡潔に言い放った唯阿は、オレンジ色のプログレスキーを取り出すとクルクルと回して装填し、オレンジと白というカラーリングの、新たな仮面ライダーに変身。
 「人工知能特別法違反を確認。対象を破壊する」
 唯阿のライダーは、ゼロワンやバルカンよりも更にスピード感のある華麗な体術で暴走マギアを次々と迎撃し、猫モチーフと思われるデザインといい“しなやかさ”を重視したのでしょうが、きっちりと差別化されたアクションは非常に良い感じ。変身アイテム的にも警察的ポジションとしても銃は手放せないようですが、今後もっと格闘を押し出してくれると、なお嬉しい。
 あと、一度ぐらいバルカン(の頭)を踏んでほしい(待て)
 ヒューマギアの優秀さを誉めていた唯阿の真意、暴走状態で他と混ざってしまえばニギローを区別できない自分自身……言葉を失い立ち尽くすアルトの背中を押したのは、思わぬ声。
 「道具じゃないさ。あの姉ちゃんも言ってたろ。ヒューマギアとどう付き合うか。ようは、人間次第って」
 「…………人間……次第……」
 そもそも、物言わぬ道具にさえ思い入れを持つのが人間なればこそ、ヒューマギアに道具として接するかどうかも人それぞれ、というのは、現実へのフィードバックを伴いつつ前半の唯阿の台詞を拾うのも効いて巧い接続。
 一方で、“人間”の側が「心を通わせるパートナー」だと思っていても、“ヒューマギア”の側があくまで「道具」に徹するならばそれは一方通行でしかないのですが、仮にそれに満足できず、ヒューマギアに「道具」以上のものを求めた時、果たしてそれは双方にとって幸福なのか?というのは、もしかしたらこの先、アルトを待ち受ける落とし穴になるのかも。
 「ヒューマギアに心はあるのか?」「心はデータ化できない」というロボットテーマの定番を用いつつ、その向こう側にあるのは、「心を得たヒューマギアは幸せか?」であり、先鋭化したアルトはもしかしたら滅亡迅雷ネットに近いのでは、という可能性も窺わせます。
 大将の言葉に立ち直ったアルトはゼロワンに変身し、ネコライダーが暴走マギア軍団を引きつけている間に姿を見せたイカマギアと激突。
 「今日のお前に最適なネタは……これだ!」
 新たなプログライズキーを用いてバッタからサメにフォームチェンジしたゼロワンは、連続チョップでイカゲソを切り払い、両腕から大量の牙を広げて放つバイティングインパクトでこれを撃破。
 一方、蹴り飛ばして地面を滑らせた木箱と同じスピードでダッシュする事で、常に遮蔽物を維持しながら射撃する、という格好いいアクションを見せたネコは、「俺は俺のやり方で探す」と毒づいてから出番の無かった不破(バルカン)が背景に登場した所で、高速移動からの回転包囲射撃・ダッシュラッシングブラストで、暴走マギア軍団を一掃。
 うろちょろしていたバルカンの姿を目に留め、余裕たっぷりの態度で変身解除する。
 「これが戦い方の手本だ」
 筋力でキーをこじ開ける男にスマートさを見せつけ……それにしても、腰、細い。
 この辺り、ベルトというのはある程度、男性性のあるアイテムであり、男性性のあるアイテムだからこそ男児用玩具になるのだな、となんか納得。そこで敢えて、(バルカンと共通装備ですが)ベルトを強調して見せるところに、刃唯阿というキャラクターの一つの狙いがありそうですが。
 「ヒューマギアにも心があるように見えるのは、俺だけ?」
 「……はい?」
 「だって、大将の心を動かしたからさ」
 結局、破壊されてしまった一貫ニギローだが、真心寿司の大将は、データのリセットされた新品と敢えて契約し、一から寿司を教えてやる、と笑顔を見せる。
 「魂の一貫、イカ一丁」
 「大将がそう言うなら、いっか」
 「今のは、「イカ」と「いっか」をかけた、面白いジョーク」
 「え?!」
 「はい、アルトじゃーナイト!」
 着々と、余計な学習をしていく秘書子さん(笑)
 「……いや今のは偶然だから! ていうかここを真似しないで?!」
 「イカもう一丁!」
 「ニギロー、ストップ!」
 和気藹々としたテンポの良いやり取りで、つづ……
 「飛電インテリジェンスの企業秘密を入手しました」
 くかと思いきや、アルト=ゼロワン、速攻でバレた。
 寿司屋を訪れてアルトに助け船を出したと思われた唯阿の真の目的はニギローへの接触であり、スマホのデータを見せると同時にニギローに不正アクセスしていた唯阿は、視覚データを自動送信させるプログラムにより、ニギローを通して社長室の秘密ラボ映像を入手。それによりデイブレイクで消滅していたと思われていた、プログライズキーのデータを飛電インテリジェンスが有している事を掴み、隠蔽工作、いきなり露見する。
 そもそも唯阿が寿司屋に突然現れたのは、飛電の社内を探る狙いの為だったというのは納得ですが、滅亡ギルド側以外からもあっさりハッキングを受けるヒューマギアのセキュリティにはますます疑問が高まります(笑)
 「つまり、方舟は甦る。その鍵となるのが、飛電の社長……ゼロワン」
 唯阿から報告を受ける上司らしき人物として、チェスの駒を動かす伊達男が顔は映さずに登場し、今度こそ、つづく。
 パイロット版の出来が良すぎたので、制作上の難しさ(通常、1-2話の完成前に撮影に入る為)も含めて出来が多少落ちるかな、というのは予想通りだった第3話。特に、天空真心握りを見せ、その非効率さの中にこそ大将の大事にする真心が存在するという解析を披露したらころっと大将がほだされる、というのは強引かつ飛躍しすぎでしたが、職能ギアとゲストとの絡みをやりつつ新ライダーと新フォーム登場までを1話に詰め込もうと思うと致し方ないかなという面はあり、ここが単発エピソードの下限の基準(これ以上雑になると辛い)かな、という出来。
 一方で、A.I.M.S.側の新ライダーは前回に引き続き印象的な登場と活躍を見せ、ヒューマギアを「優秀な道具」としてのみ捉える唯阿の物の見方も劇的に伝わり、唯阿スポット回としては満足の行く内容。
 「わかってないなぁ。道具は使いようだ」
 と口にしている時に見ていたのは、ニギローから贈られてきた盗撮映像、とわかってみると、邪悪さ200%増し(笑)
 アルトと不破ほど明確な対立点を持たない代わりに、何者かと繋がっている、というのも巧くポジションの個性化になりました。
 そして、どちらかといえば堅物キャラかと思われた唯阿が、任務(?)の為には不正アクセスからの盗聴盗撮お構い無しであり、「道具の有効活用」と「倫理観による自制」のバランスが取れているのか不安なマッド気質も窺われる一方で、いっけん狂犬体質の不破が少なくとも現時点では、通りすがりのヒューマギアへの職務質問から別件射殺をキめない程度には遵法精神を持ち合わせているように見える、という位置づけも面白いところです。
 次回、今度はゼロワンとバルカンが同時に新フォーム?! とまたも忙しくなりそうですが、パイロット版の貯金がそびえている内に、序盤の濁流を乗りきってほしい。
 ところで、中澤監督はこれで、『ルパパト』→『ジオウ』→『リュウソウジャー』→『ゼロワン』と、文字通りに四作連続で3-4話を担当する事になっており、新鋭の抜擢と入れ替えに伴って実績と信頼感のあるエースを……という事情は感じられますが、そろそろ腰を据えて年間ローテ参加も見たいなぁ、とは思うところです(監督的に、どちらが撮りやすいのかはわかりませんが)。