東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   X/Twitter→〔X/Twitter/gms02〕

11/25付けレス

 本日は『ウィザード』感想を書きました。

フォロー・ザ・サン

◆Nさん
 >晴人「俺が最後の希望だからな」→照りつけるような太陽
 >のシークエンスが、心情表現にはままありがちな日の出をまんま布石として機能する、個人的には新鮮味のある発見でした。
ヒーロー再起の象徴として使っていた朝日が、そのまま打倒フェニックスの切り札になるのは、綺麗に繋がりましたね。

◆ツチグチさん
 >晴人と仁藤の会話シーン
仁藤が食欲よりも男気を見せて、二人の魔法使いの歩み寄りを感じられる、いい場面でしたね。
 >素直に前回ドラゴンタイマー使って敗北→今回覚悟を決めてオールドラゴン発動で良かったと思います
どうしても前回の不自然さに加えて、晴人側の、どう考えて戦っているのか? の描写が弱いので、オールドラゴンの特別性、が上手く伝わってこない流れになってしまいましたよねー。もう少し溜めたなりの奥の手感は欲しかったところです。

◆スーファさん
 >フェニックスをメイン機とするオーレンジャーロボは太陽に連れて行かれても無事帰ってこれましたがユウゴには無理だったようです。
ギリギリまで、「オーレンジャーロボは不死身なんだ!」ネタを放り込むか悩んで自制しました(笑) タイミングがタイミングだけに、地球に舞い戻ってきて大気圏突入キックを決めるフェニックスは、思い浮かびましたね……。
 >さらに言うならOPの日食が指輪に似ていることや、ドーナツと同じ輪状であることも何か深い意味がありそうだったり…。
指輪ありきだったのかとは思いますが、モチーフの繋げ方と、作中への散りばめは今作の面白いところですよね。日食の扱いも上手くはまってますし。
 >最強フォームの出し惜しみはウィザードでよく指摘される問題点なんですよね…。これも前後編形式の弊害の一つであったようです。
シリーズとして常に難しい課題ですよね……2010年代後半になってくると、どんどん強いフォームを使う代わりに、インフレ度合いが激しすぎて少し前のフォームがすぐに役立たずになってしまう問題は出てきてしまいますし。基本フォームの使い分けを、バトルスタイルの格好良さで見せていく今作の方向性そのものは好きなのですが。
 >ソラはなんか白い服着てるので白いあいつではないかと思ったりしていましたが、別にそんなこともなく新幹部でした。
ファッションセンス的には瞬平に近い気がして、ファントムだと知らないまま(一方的な)友情が生まれても面白いのかと思っていたのですが、真逆の方向に突入しました(笑)

◆Kentさん
 >晴人の心が折れる(絶望する)時は廃人では済まず、おそらく内側のドラゴンがファントムとして表に出てくることになります。
最近その辺りの要素に触れられないので若干忘れ加減になっていましたが、そういえば根本的に、爆弾を抱えて戦っているのでしたね……。
 >「これで勝てなかったら自分が絶望してしまう可能性が怖い」という心理が働いているという推測があります
その点ではもうちょっと、ドラゴタイムそしてオールドラゴンの力を使う事に関する晴人の心情を描写しておくと、いい意味での言い訳になって、先を見越しての説得力も増したかもですね。