東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   X/Twitter→〔X/Twitter/gms02〕

4/16付けレス

 本日は『アマゾン』感想を書きました。

魔剣と仮面

◆chi-chanさん
 >…なんで君は生きているんだ、レベルで吹き飛ばされて転落して無事とは…。
これは一応、龍神様の宇宙エネルギーの実例、という事だったのかとは思います。
 >誠が直接加わらなくても楽しそうにゲーム風景を見ているのはほっこりしましたが。
誠は、ちょっと輪に加わっているだけで、距離感が縮まってきたな! みたいな感じに受け止められるので、一周回っておいしい感じになっていますね(笑)
 >アキバレンジャーでこういうのが無かったのが逆に不思議なテーマですね
赤木が妄想を展開していましたし、赤木自身も、手作りスーツがコスプレといえばコスプレでしたしね……(笑)
 >後鞍馬天狗は将軍役の東さんの当たり役でもあったそうです。
成る程、天狗だけ露骨に元ネタが強めだな、と思ったら、そういう繋がりがあったのですね。
 >どうせならダメージを受けた恨みとサロメも仮装してパーティーに乱入してもとも思いましたが(笑)。
割とサロメは、そういう路線になってますしね(笑) それをやると、より後年の作品の雰囲気に近づいた気はしますが、曽田脚本回はやはり、80年代戦隊に繋がっていきそうなプロットがちょこちょこ見えますね。
 >絵的には後の『ギャバン』魔空都市編の先駆けかも知れません。
霧に包まれた幻想的な館とか、仮装集団が敵に切り替わるとか、ちょっと小林義明演出風味がありましたね。
 >というかBF隊、基地在住でしたっけとも
序盤は出勤している風に描かれていましたが、もしかすると顔割れ後は、基地在住に切り替わっているのかもですね……そう考えると確かに、パック姿で出てくるマリアにも納得……?(笑)

◆電子レンジマンさん
 >いかにも話を途中で書き換えたっぽい不審なくだりは多かったですが、満を持して駆けつけた将軍がかなり強かったので満足です。
とにかく将軍が出鱈目な強さなのが、あそこまでやると「格好いい」に昇華されるのが、後々まで続く手法って感じでしたねー(笑) 脚本の流れはちょっと変でしたが、満足度の高いエピソードでありました。
 >ロボの必殺技の大元が将軍の剣術なことを名称で伺わせる
元々の開発者でもあり、将軍とBFロボを剣術で繋げる、のは上手くはまりましたよね。
 >冒頭のあぶない感じのビジュアルの御子がインパクト絶大でしたが、怪人になったらあとは普通のノリになったのがやや残念でした。
怪演ゲスト回かと思ったら、その後は全く活かされず、純粋な尺稼ぎだったの……?! は、ちょっと残念でしたね。全体的に、変なビジュアルの回ではありましたが。
 >あの基地には勤務態度を悪化させるなんらかの物質が蔓延してそうです。
マリアも誠もだいぶ毒されてきましたし、一度、基地の空調を徹底的に調べた方が良いのでしょうか(笑)