東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   X/Twitter→〔X/Twitter/gms02〕

2/2付けレス

 本日は『ウィザード』感想を書きました。

全開バリバリの悲しみ

◆電子レンジマンさん
 >今見るとリキの女子テニス部も妙に似合っていた印象です。
割とさらっと流していましたが、けっこう攻めた女装でしたねリキ(笑) そして隊長の、謎の着こなし力の高さ……。
 >改めて見返すと七変化をした意味が全くないうえに最終的に一家がすべてを失う微妙な後味の悪さ
コスプレ要素はメタ的なお遊びの意味が強いにしても、劇中で最低限、それをした意味は作ってほしいですよね……ラストもホント、家は失ったが絆は残った、みたいなのを笑顔で見送られてもな感じで。
 >ガンマジンにもそれほど感情移入できず男三人は株だだ下がり…とこちらもなかなかしんどかったです。
色々と手は入れてきましたが、ガンマジンにキャラとしての思い入れを持つのが、どうにも難しいですよね……こんな終盤で、無闇に下げられるオーレンジャーはもはや、可哀想の領域ですし。

◆ヘイスタックさん
 >平気で無関係な人間を巻き込んで世界に災厄をばら撒いた事を考えると因果応報なのでしょうね。
科学技術は悪では無く、使う者の心次第……をなんだか自ら体現していましたね……。
 >ガマゴエモンが娘の元に向かったのは設計図を見つける為ではなく、娘を人質として連れてくる為かと思われます。
やはり、そういうニュアンスだったんですかねー。さすがに、とりあえず身体検査でもすれば、とは思ってしまい(笑)
 >作風やキャラの出たり引っ込んだりが自由自在
さすがに、ボンバーを割とえげつなく葬った後は、初期の空気に戻して対カイザーブルドントで最終決戦まで突き進むのかと思っていたら、全くそんな事ありませんでしたね(笑)
 >一つの番組の中で並行して進めている一人クロスオーバー作品みたいになっていますね……。
スタッフだけ見ると80~90年代戦隊の集大成のようなのに、出来上がったものは《不思議コメディ》などの侵食成分も含めて、何一つ味付けが統一されていない闇鍋なんですよね……。
 >お陰でオーレンジャーは主役どころか毎回変化するユニバースに翻弄される時空の旅人と化してしまってますよね……
巡り巡って、過去で近い作品が、まさかの『ウルトラマン』80になってしまうとは(笑)
 >その上オーレンジャー自身すらももはや主役ヒーローでいる事に諦め気味
いやそこ、「ようすをみる」コマンド使うところではないよね?! からの、マルチーワの攻撃を受けて隊員が殉職しかけるのは、あまりにも悲しい到達点でしたね……。