東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   X/Twitter→〔X/Twitter/gms02〕

1/29付けレス

 本日は『バトルフィーバー』感想を書きました。

ワンマン組織はつらいよ

◆ナナシさん
 >人と人とは分かり合えませんし、話し合いでは解決できません。
物語が結論としてそこに至るとしても、紘汰さんにもうちょっと、過程におけるアプローチを見せて欲しかったなと思うところです。
 >身も蓋も無いことをいうと、葛葉紘汰も上記と同じような思想を持ってると思うんですよね。
結局この辺りの、紘汰と戒斗の隣接というか重なりというかが、個人的にちょっとピンと来ないままなところが、一つ作品との相性の悪いところでありました。

◆電子レンジマンさん
 >今回も子供に対してまったく容赦のないバトルフィーバー隊がインパクト絶大でした。
今見ると、ほんとビックリしますねBF隊……サボりが目立たなくなったと思ったら、違う方向からの衝撃が激しい……。
 >謎の暗殺者が新幹部か何かかと思いきや味方側のスパイだったり毒の仕掛けがちょっと凝っていたり
ヒーローフィクションの中で、軽いミステリ的なトリックが持ち込まれたのは、いい意味で驚いたところです。
 >その場の思いつきで生きてる系敵ボスとしてサタンエゴス
今のところ全ての作戦がサタンエゴス様から出てくる構造の為、段々と変な味わいが出てきてしまいましたね(笑) スタッフもそこを自覚してなのか、ヘッダーのリアクションもおとぼけ寄りになってきましたし。