東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   X/Twitter→〔X/Twitter/gms02〕

1/12付けレス

 本日は『ブレーザー』感想を書きました。に、二ヶ月半ぶりでした……!

ガンガンガンマ

◆ジュピさん
 >インフィニティはほぼノーリスクだから晴人の目的考えると最初からそれで戦った方が自然なんですよね。
ウィザードの戦いは引けない状況が基本なので、どうしても引っかかりが出やすいですよね。……考えてみるとメタ的には、ドラマ上の利便性よりもカタログスペックとしての最強感を求められる、みたいな事情もあったのかもですが。
 >最強の力いきなり使ってそれで負けたら太刀打ちできなくなって俺が絶望する
いきなり必殺技は負けフラグ、と考えると正しくはあるのでしょうが、映像で見ると、どうしても本末転倒感出るのは難しいところですねー。
 >ウィザードは冬の劇場版2本夏の劇場版、公式小説共に面白いので本編終了後にそれらをご覧になられることをお勧めします。
かなり皆さんの評判が良いので、なるべく見てみたいと思います。

◆サラダまきさん
 >キングレンジャーといいガンマジンといい大風呂敷広げてるはずの設定がことごとく機能せずに空回りしてる様子。
話に縦の広がりを作ろうとする意識は見えるものの、オーレンが目の前の地球防衛以外にはあまり興味を示さない戦隊なので、巧く広がらない感じですよね……軍人戦隊の難しさといいますか。
 >こういう展開をやってみたいというのを逆算するからオーレンジャー側の株を下げる展開が続いてるような気もします。
特に中盤以降、オーレンジャーのヒーロー性を引き立てるよりも、新規ギミックの扱いの方が主になってしまっている、というのは今作の問題としてありそうですね……。

◆電子レンジマン さん
 >ゲストの少年の運動神経は凄いものの滑舌がだいぶギリギリで、セリフが聞き取りづらいのが印象的な前後編でした。
冒頭の路上側転はインパクトがありましたが、エピソードの中では特に活用されなかったので、単純に子役の特技だったんですかね(笑)
 >極端かつ立場が違いすぎて絡みづらいキャラが後から出てくると既存のキャラの薄さだけが際立つのが悩ましいところです。
オーレンジャー、どうしてこんなにキャラの薄いイメージが強いのだろう、と長らく思っていたのですが、改めて見て感想にいただいたコメントなど拝見していると、初期のバラノイア含めて「戦隊メンバーと絡みやすい外部のキャラ」がちっとも出てこないし、特に因縁も構築されないのが一因なのだな、と。

◆ヘイスタックさん
 >映像だけでなく音楽の繋ぎもおかしくて、他の番組ではちょっと見ないような事態になってますよね…
楽曲足りなくて苦し紛れの部分もあったのでしょうが、それにしても……がありますよね。出すのわかっているロボ出撃のテーマぐらい最初に頼んでおいてほしいですし(笑)
 >ガンマジンはランプの魔神というより、猿の手とかの呪物の方ですよね絶対(笑)
呼びかけてくる声・次々と後出しで示されるルール・周囲に発生する死の可能性、と見事なまでに呪いですよねこれ(笑)
 >シグナルマン、ブルブラックと「戦隊とは違う正義で動く着ぐるみ追加戦士」
この両者が割といいキャラにして、シリーズでも例の少ないタイプの存在感を発揮した事を考えると狙いは良かったのでしょうが、今作時点だとあまりにもバランスを欠いた存在になってしまいましたね。
 >むしろ大神龍に近くなっちゃってる気がします(笑)
ガンマジン、ノリはニンジャマンだけど行動は大龍神、みたいな感じですよね……(笑) ニンジャマンは声優がはまったのも含めて、困ったところがあるけど悪い奴ではないに収まっていましたが、ガンマジンは、悪意ゼロだが致命的に困った存在、なんですよね……。

◆MOPさん
 >強敵のバハムートよりもとにかく直美のキャラが恐ろしくて、彼女が出ているシーンを観るのがキツかったです。
過去の事件の重みを伝える為に、晴人を責める役回りが必要だったとはいえ、あまりにも敵意剥き出しなので、だいぶ場面がきつくなりましたね……。表には出さないけれど内心で和也が晴人をずっと待っているのも大変気に入らない、のも滲み出てますし。
 >後にリュウソウブラックのバンバ兄さん
ああ! どこかで知ってる顔だな……とは思っていたのですが、バンバ兄さん!