東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   X/Twitter→〔X/Twitter/gms02〕

12/28付けレス

 本日は『オーレン』感想を書きました。

『X』日本の行方

◆Gimmickさん
 >3位にも『X』からの刺客がいますが、通常回のゲストキャラというのがこの作品の凄いところ。
『X』凄いのは、主人公の父親がおかしいのは、まあ……と思っていたら、この日本がおかしい?! と畳みかけてくるところですよね(笑) 今後も期待したいと思います。
 >個人的には、香村脚本単独メインのライダーを見てみたいですが、とにかく東映はこの稀有な脚本家を長く重宝してほしいです。
基本スキルが高いのみならず、特撮ヒーローへの思い入れの強さもあり、サブや助っ人でも充分に力を発揮できる方なので、とにかく使い潰さないでほしいですよね……。
 >継田さんは、『Z』でケムール人の話を書いていて、『ウルトラQ』信者の自分としては うーん...という感じ
それは私、『ブレーザー』の方でファーストコンタクトして正解だったかもですね……(笑) 『ブレーザー』、今のところ割と肌にあっているので、早い内に再開したいと思います。
 >子供向けアニメの王道に加えて、『ケータイ捜査官7』という傑作特撮ドラマを書いた経験もあるので期待値は高いですね。
特撮の経験もあるのですね。東映特撮畑以外の脚本家を招くにあたって、近接したジャンルでキャリアのある方なのは好感が持てますし、ベテランを軸に置いて若手を育てる差配も期待したいところです。
 >デザインも中々攻めてますが、現在配信中のバトルフィーバー・オーレン・シンケンも大概なデザイン
久々に見たBF隊のインパクトが記憶より凄くて、この辺り並べてみると、大概のデザインは大丈夫な気しますね……(笑)
 >少し早いですが、今年も沢山の読み応えのある記事をありがとうございました。
ありがとうございます!

◆電子レンジマンさん
 >現代の番組なら多分一命を取り留めるスパイおじさんが、そのまま責任を取って死亡してしまったのが衝撃的でした。
ウェイト的には、「国家を危険にさらした」ぐらいな扱いだったのでしょうが、この辺りがダイレクトに表現されるのが、時代の違いという感じですよね。
 >今のところ確保されたバトルフィーバーと怪人の戦い自体が微妙なので今後の改善に期待したいです。
エゴス怪人にさしたる特殊能力が無いので、なんか適当に武器を振り回した末に、唐突なペンタフォースで雑に始末されるのは、そろそろ手が入ってほしいですよね……。
 >音速で現れた救急車がGODだったくだりは、雑なご都合展開と見せかけてしっかり理由があったことに意外性があって良かったです。
この辺りは伊上脚本の達者なところですよね……あと多分、伊上さんは偽救急隊員による暗殺アイデアが好きそうだなと(笑)
 >アーム爆弾は切り離した関係上そのまま逃げればライダーだけ倒して生還できる
切断機能を考えると自爆用ではなく不意打ち用隠し武器という感じでしたが、既にXキックのダメージが大きかったので、確実性も含めて、どうせなら一緒に爆死するのが美! みたいな感じだったのかもですね。
 >バッカスフンドと因縁がある設定で出てきたはずのリキが不在なことに一切理由がない
ここで使わないでいつ使うのか、という感じで、とにかくここが、大きすぎる疑問になりましたよね……。
 >三浦大佐が積極的に指揮を執る回が増えてきた代償として、隊長が最近それほど目立たなくなってきた気がするのも悩ましいですね。
隊長、超人スペックの一方で生真面目な軍人なので、上官の指示を仰いで従うのはキャラ的にはむしろしっくり来るのが、微妙な落とし穴になってますよね……。

◆ヘイスタックさん
 >「さらば戦友 愛しのセパード」
これはもう、高久先生は、シェパードが好き、と仮定するぐらいは許されそうですね……(笑)
 >大人げなくも普通の犬相手に虎挟みのトラップを仕掛けて対抗してゲスト子供に幻滅される
スパイダーマン』主演の藤堂新二さんに、後の渋めの格好良いイメージが強いので、凄く混乱をきたします(笑)
 >「室長がこれぐらいで終わる訳無いから安心してね!」と意図的にアピールしているような気さえします(笑)
配信『オーレン』を見る際に『X』次の配信のサムネイルが目に入って爆笑しました(笑) かなりモチベーションなので、安心しましたが!

◆サラダまきさん
 >バスターオーレンジャーロボで戦ったけど勝てなかった展開にしなかったことに唐突さが目立つ感じがしましたね。
バスターオーレンジャーロボ、撮影が面倒くさいとかでもあったのか、キングピラミッダーの登場後、ほぼ無かった扱いにされているのは不憫ですね……。
 >しかも以前の話でバッカスフンドとの因縁が描かれてたはずのリキやキングピラミッダーは名前すら出てきませんでしたし
子役なので休み休みの出演になるのは想定内だったにしても、何故このタイミングになってしまったのか、疑問の多い展開になりましたね。
 >だからチグハグさが顕著に感じるんですよね。
『カクレン』の時も、杉村さんと曽田さんが微妙に別の方向を向いている感じはありましたが、今作はより顕著というか、一つの作品の中でのまとまりが悪いですよねー。