東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   Twitter→〔Twitter/gms02〕

10/26付けレス

 本日は『ギーツ』感想を書きました。まとめて3話!

アンドロイドはくじけない

◆ヒュウガ・クロサキさん
 >それに加えて「すべての人物が真司の影響を受けるわけではない」というのもポイントかなと。
ああ確かに、主人公を中心人物に置きすぎて周囲から理想化しない、というのは『龍騎』の特徴になってますねー。あくまでも群像劇としての描写に意識があるというか、この辺りも、『アギト』寄りの流れが出ているところとはいえそうでしょうか。
 >そもそも本作のライダーバトル自体が「私戦」であるという大前提を示すことで上手く納得させる作りになっていますね。
物語としては『龍騎』の良し悪しとはいえますが、こういうところ、状況設定をスムーズにするにはどう組み立てていけばいいのか、がしっかりしているのは今作の強みですよね。

◆ヘイスタックさん
 >「それなら俺が脚本を書いてやる!」と言って氏自らが脚本を書く運びになったらしいです。
あの渡辺亮徳さんご本人さんだったのですね。その意気込みで書いたとなると、ミツ子とマサルは別に持てあましたわけではなく、人質にされるのがセオリー! みたいな感じだったのでしょうか……。
 >着ぐるみの造形がアレでどうしようもないので、「怖い怪人」として描く事をもはや諦めてしまったのでしょうか(笑)
あのアンバランスさが魅力の一つではあったのですが、だいぶ面白方面に寄ってきてますよね……思えば銀亀あたりから言語回路におかしな気配が見られるので、ギルによる新破壊部隊の設計コンセプトに問題が……?
 >パラセーリングにプレス機に銃撃戦に火炎放射と、アンドロイドマンが一番活躍して目立っていたような…(笑)
プレス機はなかなか刺激的でしたし、全体的に、アンドロイドマンの奮闘回としては面白かったですね(笑)
 >ミツ子やマサルクラスであっても人質の扱いが雑なキカイダー…(東映ヒーローではよくある事)
そろそろ、この姉弟に振り回されるのが面倒くさくなってきたのかな……とドキドキしてしまいました(笑)