東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   X/Twitter→〔X/Twitter/gms02〕

「森の中で暮らしていたら、出会う事のない人達と、出会えたんだからな」

『機界戦隊ゼンカイジャー』感想・第25話

◆第25カイ!「やり直せ! ゼンカイジャー・改!」◆ (監督:山口恭平 脚本:八手三郎 監修:香村純子)
 「時を戻ソード・ゼーっト!!」
 ヒドケイワルドの特殊能力により時間を遡ってしまった介人は、気がつくと、トジテンドの侵攻初日に――
 「たった今からこの世界は、キカイトピア王朝、トジテンドのものである」
 バラシタラに食ってかかる介人だが、バラシタラはゼンカイジャーの存在を認識しておらず……そう、時間を巻き戻す事で結成前にゼンカイジャーを壊滅させる! それこそがだいぶ行き詰まってきた感のあるトジテンドの作戦であった!!
 という趣向で、ゼンカイジャーの戦いを繰り返す/振り返る、ややトリッキーな構成の総集編。
 最初は未来の記憶を持っていた介人は、時間の修正作用によりそれを忘れてしまうも順調に仲間を集めていき……初期のガオーン、今よりちょっと格好良く喋っている感じ(笑)
 「ここでゼンカイジャーの奴らを叩かないと、取り返しが付かないヒドケイ!」
 「なんでわかる?」
 「俺が、未来から来たからヒドケイ!」
 一方、過去のバラシタラやイジルデにゼンカイジャー抹殺を進言する日時計ワルドは全く相手にされないどころか制裁を受け、周囲から理解を得られない時間跳躍者の役回りを、主人公ではなく怪人の方に振るのは、面白い一ひねり。
 ステイシーに対して界賊に注意を促すも蜂の巣にされ、フリントの刺殺を目論むもセッちゃんに阻まれ、踏んだり蹴ったりの日時計ワルドだったが、捕らえていた本物セッちゃん(介人は過去介人と融合しているのに、セッちゃんは同時に存在しているのは、特異点である日時計に同行しているからか……?)から五色田夫妻の事を聞き出すと、ギアトリンガー開発の歴史そのものを消し去ろうと更に過去へ戻ろうとしたところで、一足遅く冒頭のバトルに接続。
 「おまえに会える日を、全力全開で、ずっと待ってたぜ!!」
 まさかの、ファイブマンみたいな事を言い出した。
 実は、介人たちにはセッちゃんから日時計ワルドに関しての情報が随時伝えられており、セッちゃんの謎通信能力を活用すると共に、セッちゃんを信じた介人たちと、日時計ワルドの言葉に耳を貸さなかったバラシタラらの対比から、「正義」と「悪」の差が描かれるのは、綺麗にはまりました。
 ジュウレンジャー師匠の力で日時計ワルドは消し飛び、怒りの壁王様により、巨大戦はカット。
 なお今回から、ゲゲ役に新たに福西勝也さんがキャスティングされ、いきなり8頭身のテコ入れ新幹部に変身するような事もなく、従来のキャラクターと演技を踏襲した結果、若干低めの声によるこれじゃない感は出てしまいましたが……しばらく聞いていると、慣れる、か?
 壁王様の怒り具合を見ているとトジテンド側にテコ入れ急務な気はするので、深紅の鎧を身につけマントを翻しながらステッキを手に歌うゲゲテイオー、とかにしてしまってもいい気はしますが(笑)
 閉じるギアの崩壊でヒドケイトピアは解放され(根幹設定の一つなのに、最近触れられる機会の少なかった世界の解放シーンが描かれたのは地味に良かったです)、セッちゃんの活躍を讃える一同が、カラフルで鳥パーティを開いて、つづく。
 夏の終わりの総集編をサポートキャラ回にあてるのは、エピソードの使い方として上手く節約した感があり、次回――ステイシー早くも復活。
 …………違うよイジルデ!
 私が求めていたのは、被り物だよ!!