東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   X/Twitter→〔X/Twitter/gms02〕

12/20付けレス

 本日は、『チェンジマン』感想を書きました。

Xは裏返してもX

◆島縞さん
 >今作品では他人の話を聞こうとする圭一郎の姿が描かれてきたのでスピンオフを見ていなくとも圭一郎の中の悟の大きさが察せられました
過去の悟を思い出しながら、改めてノエルと向き合うべきなのでは、と圭一郎が考えるのは凄く良かったですね。
 >警察側では比較的親快盗派の咲也が大事な人の喪失という共通項から外れるのも面白いと思います。
ここで全員当事者にするのではなく、ちょっと離れた位置(でも気遣える人格)から状況を見られる位置に1人置いておく、というのは巧く転がしてきましたよねー。
 >ですがエピソードとしては中途半端でノエルの秘密を悟の諸々が食ってしまった感が。
「ノエルの正体」と「<化けの皮>の秘密」を同時進行するのは少々無理が出た感じでしたね。そこを悟で繋ぐ、というアイデア自体は面白かったんですけど。
 >警察とは最後まで腹を割らないで終わるような気もします。
警察はノエルの正体を知らなくても別に問題なく話が進められそうなので、ノエルの側から踏み込まない限りは、残りの容量次第で、流される可能性はあるかもしれませんね……。

◆つるさん
 >特別面白くなかった訳ではありませんが、せっかく仕込んだ爆弾群を片っ端から安全に処理しました、みたいになってしまったのは残念でしたね
色々、納得の行く形で収まってはいるのですけど、積んできた火薬の量からすると、もっと爆発できたのでは……? という感じが、どうも惜しいなぁ……と思ってしまいますね。
 >ともあれ、これで警察側にも失った人が出来てしまったのは、予想通りではありますが好みの展開なので年明けの畳み掛けに期待したいです
決定的な警察と快盗の思想的分かれ目になりそうですが、そこからどうやって最終的共闘に持ち込むのか、楽しみですね。
 >もちろんどう転んでも美味しそうなクリスマス回も楽しみですが(笑)
咲也はもうともかく、果たしてノエルは今度こそ距離を縮められるのか……(笑)

◆KEYさん
 >やっとノエルの秘密が明かされましたが、この内容ならもう少し早く出してノエルと双方の歩み寄りに時間を割いてくれた方が良かったなと思います。
結果的な部分もありますが、少なくとも視聴者には(こんな事情を抱えたノエルが……)というのを早めに見せておいた方が、ノエルの行動を気持ち良く見られた感じになってしまいましたね。
 >どうもノエルの正体に対する衝撃度が作り手の意図したものと受け手の感じていたものに差が有りすぎてしっくりこないですね。
「ノエルは人間じゃない」から「ギャングラーに裏切ってもおかしくない」というのが、もう一つ巧く接続されていない感じでしたね。もう少し快盗サイドが、ノエルに騙されているのかもと思うようなシーンが欲しかったところで。
 >化けの皮については使用された本人の死亡の点は濁された感じがあるので最終的にあまり重いものにせず軟着陸させるつもりに思えますね。
なんかちょっと、狙って濁した感じありましたよね……今回撮影時点で、まだ完全に着地が決まってなかったのかもですが。
 >割と最近の人設定なんですかね、この世界のアルセーヌ様。
元ネタは1874年生まれで、魁利が「アルセーヌいくつだよ」と突っ込んで、コグレが「異世界の影響を受けている」と語っていたので、150歳(以上)ぐらいと考えれば良いのかな、と。
 >しかもノエル僕を信じてとか言っちゃうからどうにも監察医が過って仕方ないだろ……。
『エグゼイド』のあの回って中澤監督だったかなぁと思ったら山口監督でしたが、『エグゼイド』メインだったので、ちょっと意識の片隅にあったりはしたんですかね……。

◆くれなゐさん
 >はじめまして。くれなゐと申します。以後、宜しくお願いします。
はじめまして。コメント有り難うございます。
 >ノエルが本当の仲間になれたようでよかったと思いました。
改めてチェンジャー4つを重ねて快盗の約束に加わる、というのは良かったですね。次回は咲也と2人で、圭一郎とつかさを気遣って行動するのなら、距離感が縮められそうなのは楽しみです。
 >まさかギャングラーと同じ世界に棲む生き物なのだと思っておらず、それは魁利達に話せないよな…と納得しました。
個人的にはもう少し、ノエルの内心の怯えを先に描いておいても良かったかな、と思いましたが、ノエルのこれまでの対人関係については、振り返って納得いく形で収まりましたね。
 >人間から差別を受け、人間界で独りぼっちだっただろうことは想像がつきます。
魁利はちょっと違いそうですが、恐らく初美花も透真も「大事な人」=「自分を救ってくれた人」という部分がありそうな感じですよねー。
 >願いが一致していたから上手くいってるように見えて内心信用していなかった快盗と、立場上警戒してはいたが
 >ギャングラーを殲滅するというノエルの弁に本気を感じ取っていた警察との対比だと理解しました。
ああ確かに、ここで、表と裏の関係性がそれぞれ逆転しているんですね。次回ホント、ノエルがもうちょっと警察に踏み込めれば良いのですが……。
 >#44の感想タイトル「夜明けの光はまだ射さない」カッコいいですね。ここだけの話、実は感想タイトルがカッコよくてコメントしたくなったんです。
ありがとうございます。ちょろっとそういう所に凝るのが好きなもので。