東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   Twitter→〔Twitter/gms02〕

5/19付けレス

 本日は『ドライブ』感想を書きました。

風の谷のムサシ

◆chi-chanさん
 >「怪獣サファリパーク」として生動画を配信すれば(入ると流石に事故になりそうなのでカメラの隠し撮りくらいで)
今この設定で作ったら、生中継カメラにトラブルが、とか、PV稼ぎ目的の配信者が無断で入り込んでアクシデントが! みたいなエピソードが生まれそうですね(笑)
 >「元の環境じゃないと生きられないが、そこにいるままだと人間に害になる怪獣」はどうするのかなとは感じたり。
こういう要素も踏み込んでくるのか、どこまで掘り下げてやってくるのか楽しみにしたいと思います……まあ、どちらかというと真逆の思想の『セブン』ファンなのですが(笑)
 >これ正式名称は「輝石」だそうですが。やってることが王蟲を鎮めるナウシカですよね(笑)。
個人的には、グレートさんの変身アイテムを思い出しました(笑) グレートさんも割と、地元生物は殺さない路線でしたし。
 >実は前日譚の映画では、コスモスは特に誰かに憑依したり擬態したりとかはしない珍しいウルトラマンだったんですよ
そういう扱いだったのですね。本編とのリンクとか、前日譚も気になってきますが、これから本編でどう説明していくかも、楽しみなところです。
 >動画の公式有料配信ではちゃんとTV版未放送話も本来放送予定の話順で全話配信しているので多分大丈夫かなと思いますが。
円谷の無料配信、妙にTV放送時の形にこだわる傾向がありますが(放映時の一週休みは配信も休んだり)、今回は配信形型式そのものが変則なので、やってくれそうですかねー。

◆Nさん
 >配信そのものは"毎週"火・木に行われるようで(あくまでも配信期間が2週間ということのよう)......週2話ペースかもしれません
だ、段々混乱してきましたが、素直に週2話ずつ火・木の更新をまとめて見るようにするのが、無難ですかね……(笑) 最悪、ちょっと後回しにしても数日は大丈夫、ぐらいな。

◆ガチグリーンさん
 >平成ライダーの新ライダーなら平常運転とも思えますが、戦隊の追加戦士でここまでやって大丈夫なのかと
やはりちょっと、平成ライダー文脈な感じありますよね。ここからどう、戦隊らしくしてくるかは、巧く転がってほしいところです。
 >この先あるであろうSDトピア回で、横井チックにSD化するゼンカイジャーとか見れたら良いなと妄想しました
私も横井さんのイラストはよく見ていたので、懐かしさに凄く納得したのですが、SDキカイノイドは、凄くやりそうですよね(笑)
 >個人的にも介人の善性よりヤベー奴感の方を堪能したいので、守りに徹して真面目にヒーローしていた今回のゼンカイジャーはちょっと物足りなかったです(笑)
介人のヒーロー性もきっちり段取り重ねていて悪くないですが、確かに介人は、それをぶち抜いてきた時の方が面白いですね(笑)
 >今回の配信どうしようかと悩んでたとこでしたが、ここの感想ありならと私も再視聴する事にしました!
そう言っていただけるのは嬉しいです。感想は緩めな感じで書いていければなーと思っています。
 >そんな私でも劇場版の3作品(当時何だかんだ映画館で全部観た)は内容も特撮も傑作だと思うので
劇場版で特撮の出来がいいと、それだけで嬉しい、というのはありますが、とりあえず前日譚は、円谷の配信を期待したいところです(笑)
 >全46話になるか、47話になるか判らなかったので、46話で決着をつけ、ミッチが立ち直れたかは想像にお任せします…
貴虎の目覚めが、ミッチの「変化」と未来への希望を予感させて閉じる第46話のラストはラストで好きだったのですが、虚淵さんの脚本段階では、そこで終わる可能性も考慮されていた内容だったのですね。
 >『仮面ライダー』なのだから、石ノ森的価値観に立ち戻るべき!
成る程、私あまり石ノ森先生を通っていないので、通っていると、また少し印象が変わったのかもですね。
 >そのため途中、歪みが生じた部分も少なくはないんですが
良く言えば、結末に関しては筋を通しましたが、筋を通そうとする為に全体の要素が欲張りすぎて部分的に破裂してしまった、のが1年物としてはちょっと難しいところでしたね。
 >まあ虚淵さん自身が東映のやり方を最初から知っていれば、そっちに合わせたのにとも語ってますし
この辺りの摺り合わせのミスが響いた感じだったのは、勿体ない部分でしたね。
 >フルーツ武将があんなに格好良いならダンス要素は要らなかった(ダンス設定はフルーツに対するスケープゴート
あー、序盤、話の仕掛けはシリアスなのに、妙にポップな要素を交えたがるな、と違和感がありましたが、フルーツとダンスでバランスを取る狙いもあったんですね……まあ、コンセプト段階だと、フルーツ武将がああも見映えするとは、思いませんよね(笑)
 >機会があれば経験を活かしてまた挑戦したいとの発言もあるので、ファンとしては今後の東映特撮参加にも期待したいところです
『W』の際の三条-長谷川体制みたいに、がっちりサポートできる方とダブルメインに近い感じでやると、面白いかもですね。
 >例の戒斗の過去は本編でやれよとは思いましたが(近年の作品での放送中の本編と密接にリンクさせる作りは流石にどうかとは思います)
あれはやはり、本編に入れた方が良かったですよね……有る無しで、だいぶ見え方が変わりますし。
 >脚本はキカイダーやサッカーと直前で言われてパニくった虚淵さんのピンチを何度も救った毛利亘宏さんです、機会があれば是非!
毛利さん、どうも出来の安定しないイメージですが、要素の抽出・再構成は巧いので、今作の助っ人は良い仕事でしたね(外伝も良かったですし)。その他の『外伝』関係も、機会があれば見てみたいと思います。