東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   X/Twitter→〔X/Twitter/gms02〕

12/29付けレス

 本日は『ターボレンジャー』感想を書きました。

そしてイチローはゆく

◆インザファイトさん
 >「80」のウルトラシリーズで言えば独特な作風と、「グレート」の海外らしい作風もまた一風変わった感じで良かったと思います。
この2作はシリーズの状況など背後の時代性が割と出ているのかな、という印象ですが、『グレート』は見ておけて良かったです。
 >「ストロンガー」はデルザー軍団の強敵感と、城茂の面白い言い回しが好きな作品です(笑)
あの作品は、先輩が出てくるまでの城茂が、映画スターシステムに則ったキャラなのが、今見ると独特の味わいで面白いですよねー。
 >「マスクマン」は終盤撮影に遅れが生じたらしく
当時の戦隊の終盤戦は、制作体制がかなり厳しいですが、割と急に消化不良気味になったのは、そういう事情もあったのですね……。
 >子供に受け入れられやすい要素だな、と思ったのですが、その相棒たちを容赦なく強奪していく仲代先生の非情さたるや(^^;
出番の少ない相棒ユニットを強奪する、というのはかなり刺激的でしたよね(笑) キラーはそう簡単にマイルド路線には行きませんよ、という宣言にもなりましたし。
 >ゼンカイジャー応援配信は順当に「ゴレンジャー」なのかなぁ...と思いましたが、機械繋がりで「人造人間キカイダー」もないかなぁ、と思ったり。
ビーロボカブタック』に一票で(笑)
 >来年もこのブログにはお世話になると思いますので、よろしくお願いいたします。
こちらこそ、来年もお楽しみいただければ幸いです。

◆もりみやさん
 >マリに対して情感たっぷりにメッセージを送った後、イチローに対しては素っ気ないテンプレ通りのナレーションでさらっと流す
なんでそこでナレーションが個性出すの?! という(笑) キャラの扱いが色々アレだった作品だけに、結果として異常にナレーターのキャラが立ってるんですよね……。
 >この時代の曽田さんは酷使され過ぎですよね。現番組の最終回を盛り上げつつ、次番組の立ち上げも行うというサイクルを、
 >何年も続けられていたわけで、そりゃ消耗もするよなぁと。
仮に、曽田さんが隔年ぐらいで書いていたらどうだったのか、というのはちょっと考えるifですよね……まあ、その場合は誰が間を埋めるのかもあり、そもそもシリーズがここまで続いてもいなかったかもなのが難しいところですが。
 >暗黒七本槍を魅力的に描いた分だけ、ムカデ様を面白く描くのは諦めた感がありましたよね……
箱物系ボスと考えれば、あれで良かったところはあったのでしょうね。
 >マベちゃんとは、キャラ同士の関係性が好きなので、個別にキャラへ投票するのはなんか違う……というのは、わかる気がします。
マベちゃん、表向き俺様気質ですが、『ゴーカイ』主要キャラのみならず、歴代レジェンドと絡める事をやはり考えたキャラ設計というか、対比で面白くなる系ですよね。
 >いや、『ネクサス』は全く選外になるかと思ってたので、ちょっとホっとしました(笑)
姫矢さんは、クリティカルな台詞のあった強みですね(笑)
 >ビジンダーとワルダーが出てからは傑作になるというのが不思議な味わいでしたね……
ワルダー登場後の、各要素のミラクルな噛み合いっぷりは、ホント凄かったですね。やはりキャラのポジショニングって大事だな、とつくづく。
 >「ヒーローではないライダー達が、各人のエゴでライダーバトルをします」路線を再びやろうとしているのかなー、と、思いました。
そういう点では、「このキャラをフックに入って下さい」ではなく「この中からお気に入りのキャラを選んで下さい」みたいな作りがちょっと、欲張ったところがあったかもですね。そこが後々刺さってくるポイントに化けた部分もあるのでしょうけれど。