東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   X/Twitter→〔X/Twitter/gms02〕

12/24付けレス

 本日は『ターボレンジャー』感想を書きました。

狼、歌ってた

◆もりみやさん
 >ストーリー的にも、シリーズを踏まえると、地球侵略よりウルトラ戦士への復讐メインなのも頷けますし。
この辺りの、過去作と繋げたいのか繋げないのかよくわからない辺りが、微妙な反応を生む面もあるのかもですね……私なんかは、過去の軋轢と切り離して見ているので、作戦の斜め上感だけが気になってしまって(笑)
 >お前を動物園に入れてやる!ってのも、ただ倒す以上の屈辱を与えてやるってことでしょうし。
そういう点では、こういった感情面をもっと強調すると、恨み買ってるなウルトラ……的な面白さがより出たかもですね。
 >まぁそんなことをしたら他のウルトラ戦士の報復を買ってバルタン星かなりヤバいことになりそうですが(笑)
そして復讐は連鎖していく……。
 >ここまで知られていて、あれだけのキャリアがあるのに。縁が無いってこういうことなのかなぁと思ってしまいますね……
文芸の世界はコネクションも強いので、ホントこの辺りは、縁、なんでしょうね……。

◆ガチグリーンさん
 >この場面は雨宮総監督が好きな映画『フランケンシュタイン』の化物と少女が湖で出会うシーンのオマージュだそうです
映画は未見なので詳しい関連はわかりませんが、割とカオルに“永遠の少女”的なイメージが投影されているのは、雨宮監督の中で、その辺りから繋がっているんですかねー。
 >私も含めた多くの『牙狼』ファンが新作が始まるたびに、まず番犬所の神官を疑う癖がついてしまいました(笑)
単発作品として見ると、ある程度わかりやすい落としどころですが、シリーズ化すると、そういうのは出ますよね(笑)
 >こういう最初は敵対していたライバルと最終的には共闘する展開、ありがちですが王道で燃えますね!
こういうところ、照れずにストレートな格好良さとして描いてくるのは、ホント今作のいいところだなと。
 >『快傑ライオン丸』の「タイガージョー/虎 錠之介」
ライオン丸』は、見た事ないんですよね……ピー・プロ作品とは縁が薄くて……何故か、『鉄人タイガーセブン』だけは完走しているのですが。
 >出演者により結成された5人組音楽ユニット「GARO PROJECT」!
……あ、ED飛ばすので、全然気付いていませんでした(笑) それは今日中に、聞いておかなくては。

◆愛護郎さん
 >『呀<KIBA> ~暗黒騎士鎧伝~』というスピンオフ映像作品を見ておくとより盛り上がれるかもしれません。
暗黒騎士にフィーチャーした作品があるのですね。
 >ウルトラシリーズや後の牙狼二期の脚本家を務める脚本家の小林雄次
あれとかそれとかで個人的にあまり評価が高くなかったのですが、今回『牙狼』の仕事を見て、成る程、この辺りの実績を評価されているのかな、と割とあちこちで仕事されている事に納得しました。