東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   Twitter→〔Twitter/gms02〕

小笠原諸島沖辺り海戦

ウルトラマン80』感想・第32話

◆第32話「暗黒の海のモンスターシップ」◆ (監督:外山徹 脚本:平野靖司)
 前回に続いてアバンタイトルが使われ、海中から巨大な廃船の集合体――バラックシップ(そのままの名前)――が出現したところでサブタイトルが入るのは、大変格好良く決まりました。
 アメリカ西海岸で、謎の船舶消失事件が続発し、それは太平洋を横断して日本近海にまで近付いてくる……警戒飛行を続けるUGMだが、突如、矢的機が制御不能になり、海面に墜落。直後、海域に近付いた船が海上に出現したバラックシップに引き寄せられて轟沈し、事件を引き起こしているのは、巨大な磁石の塊?
 「父さんを殺した海なんて、大嫌いだよ!」
 犠牲となった船の船長は、矢的が知り合った少年・アキラ(演じるのは、後の超力戦隊隊長オーレッドこと宍戸勝)の父親であり、アキラから行き場の無い怒りをぶつけられる矢的だが、バラックシップに取り込まれながらも船内で生存していた船長からの無線通信をUGMがキャッチ。
 その情報により、バラックシップの正体――中心に存在するものは、15年前に沈没した完全コンピューター制御の無人貨物船・クイーンズ号であると判明する。
 矢的とゲスト子役の絡み → 子役の父親が事件に巻き込まれる → どっこい生きていた海の漢からの情報で怪物の正体が判明、はスムーズな流れで、学園編消滅の反動があったのかもですが、2クール目初期から矢的と少年少女を絡めていくアプローチを取っていたら、早めに矢的の好感度とヒーロー性を高められたのでは、とは思うところ。
 もっとも、学園編では少年少女と絡むも教師としての「説教」要素がキャラクターの好感度に繋がらなかった上、その都合で生徒や生徒家族の「問題」の設定と解決を詰め込もうとした事でエピソードが明後日に行きがちになり、前回は前回で、ゲスト少女周りの悲劇性を盛り立てようとするあまりにその他の要素が明後日に吹き飛んで大惨事を招いたので、バランスの難しいところではありますが。
 矢的、フジモリ、そして忍び込んでいたアキラは船長救出の為にバラックシップへと乗り込んでいき、斜めにかしいだ船上を移動する軽いアクションシーンでスリルをまぶしたのが良いアクセントとなり、船内に入り込むや配管から伸びるケーブル攻撃! も安っぽく見えずに迫力があって良かったです。
 UGM本部では、バラックシップの移動経路が15年前のクイーンズ号の予定航路と全く同じ事が明らかになり……その最終目的地は、東京港バラックシップは、15年前の沈没の原因となった氷山衝突を克服しようという純粋な思考に基づいて、行く先々で遭遇した船を取り込み自らを強化しながら、失われた航海を成し遂げようとしていたのだった!
 「どっちにしても、氷山にぶつかったショックで回路が狂って、おかしくなったに違いない」
 同胞を食らう怪物と化したバラックシップの目的は「プログラムされた航海の完遂」であり、その中心は人間の制御を離れたコンピューター、と「幽霊船」テーマと「狂ったコンピューター」テーマを融合する事で、近未来幽霊船譚を作り上げてみたのは、会心のアイデア
 一方、アキラ少年の腰の入ったいい構えからの射撃により拘束を逃れた矢的たちは、船長を救出して脱出に成功。
 バラックシップの東京湾入港を阻止するべく水際で決着をつけようとするスペースマミーは、バラックシップからの砲撃に苦戦するが、これ以上の重量を取り込むと浮上不可能である事を計算したバラックシップのコンピューターがマミーを撃墜しようとしている事に気付くと、強引に吸着させて沈めてやる、と突貫。
 東京湾大炎上よりは、スペースマミーの一隻や二隻、という判断はUGMらしいとも見えますが、明らかに、チーフの死にたがりスイッチがONになっており、隣の席の部下が気の毒。
 だがスペースマミーの玉砕戦法は失敗に終わり、それを見た矢的は80に変身。雄々しく飛び立つも一度は撃墜されるが、海中に飛び込むと再び飛翔し、珍しい(初?)ボーカル入り主題歌を流してのバトルが、意外とマッチ。
 飛翔する80はバラックシップの砲撃をかいくぐって上空から攻撃を仕掛け、完全に戦闘機vs戦艦のモチーフで、円谷のDNA的に特撮班の盛り上がりが窺えます(東映のDNAがチャンバラと任侠映画なら、円谷のDNAは飛行機にあるので)。
 80はシップの砲撃を回避しながら光線を撃ち込んで外装を剥いでいき、トドメの急降下爆撃ビームで、バラックシップのコアを遂に破壊。ボーカルのahhhhhh!に合わせた大爆発も綺麗に決まり、ここまで屈指の名バトルでした。
 暗黒の海で怪物と化した船は帰港を果たせぬまま日本近海へと沈んでゆき……最後は、無事に救出された親子の絆、大きくなったらUGMに入りたいと宣言する少年、いつの間にか脱出した事になってその場に居る矢的、と王道で気持ち良く締め、個人的には今作ここまでベスト級の一本。
 平野回の特徴といえますが、まだ個人名を覚えるほどには至らなかったものの、新入り2人のキャラ付けをしよう(ちゃんと描き分けよう)、という意識も好感が持てます。
 次回――矢的先生は、美人ナースに鼻の舌を伸ばさずに少年との絆を貫き通せるのか?!(無理そう)