東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ダイアリー保管用→ 〔ものかきの倉庫〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)
HP→〔ものかきの荒野〕   X/Twitter→〔X/Twitter/gms02〕

神経ガスは地球最強のセキュリティ

ウルトラマン80』感想・第20話

◆第20話「襲来!! 吸血ボール軍団」◆ (監督:野長瀬三摩地 脚本:土筆勉)
 どことなく東映ノリのサブタイトルですが、ボイラー室に神経ガス噴射装置がセットしてあるのも、東映時空だと思えば納得。
 ムーンベースから地球へ帰還する50名の隊員を乗せた宇宙船が、未確認飛行物体の襲撃を受け、レーダーから消滅。そのまま地球に飛来した飛行物体の正体は無数の吸血ボール軍団で、全身の血を吸い尽くされた死体がかなりグロ映像。
 チーフと矢的の不始末からボールがUGM基地内部に入り込んでしまい、その犠牲となるタジマ。
 レッドローズ破壊・神経ガス噴射・タジマの冷凍処置、とシビアな決断を連発しまくるチーフですが、責任者としての果断というよりも、潮風島の一件以来、人間として壊れているのでは。
 UGM内部の吸血ボールは処理されるが、我が物顔で飛び回り、人間の血を吸って増殖を繰り返す殺人ボール軍団の前に、かつてなく壊滅の危機に陥る日本。だが遂にその司令塔となっているコア部分が発見されて攻撃を仕掛けると、無数のボールが合体して怪獣オコリンボールが誕生する!
 描写といい被害規模といいこれまで屈指のシリアスな展開から徹夜明けに思いついたような怪獣の名前が飛び出してきましたが、突然の襲来といい容赦のない殺戮といい、これ、惑星ガウスの生命体なのでは……。
 撃墜された矢的は80に変身するも怒りん坊のマシュマロボディに苦戦するが、なんか頭部へのビーム攻撃で唐突に大勝利(いやホント唐突で……)。
 散々盛り上げたタジマはさっくり蘇生するが、病室に飛び込んできたのは吸血ボールの生き残り?! で一同大騒ぎとなるも、それは野球のボールでしたでオチとなり、この手のオチは割と好きです。
 次回、東京またも大ピンチ。