東映特撮に踊らされる駄目人間の日々のよしなし。 はてなダイアリーのサービス終了にともない、引っ越してきました。
旧ブログ→ 〔ものかきの繰り言〕
特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕
HP→〔ものかきの廃墟〕   Twitter→〔Twitter/gms02〕

香港とレス

 行きつ戻りつして申し訳ないですが、旧ブログの方に、『ゲキレンジャー』夏映画の感想を書きました。予想外に面白かったです!(故にちょっと長め)
 〔『電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー』感想〕
 あると思っていた『vsボウケン』が見当たらなかった為、後は『vsゴーオン』と構成分析で、『ゲキレンジャー』感想は終了予定。

手頃感……?

◆つるさん
 >だったら最初からオーブダークをあんなキャラにするなって話になっちゃいますね…
ファンサービスを意識しつつ、物語とのバランスを、とやっている内に足下が疎かになってしまう危うさ、みたいなのはどうもありますよね。
 >過去のウルトラマンが絡むパワーアップは「こういうのが見たいんでしょ?」という制作側の意識が見える気がするのが地味に辛いです^^;
円谷プロのここまでの経緯もあって、シリーズの特性と割り切るべきなのかもですが、メタ前提の内輪ウケ要素みたいなのが、どうしても顔を出す時がありますよね……。
 >一応、アサヒに対して最初に疑問を抱くのが父というのは面白く、ミステリをきっちり盛り上げてくれることを期待したいです
お父さんの存在にしっかり意味を与えている辺りは手堅いので、後半うまく繋がってほしいですねー。

◆Ultronさん
 >物語の熱さや勢い等、監督や脚本家の方の描きたい事は、理解できるのですけどね。
シンプルに守りたいものがあって戦う、という中心にある要素は嫌いではないのですが、装飾やアプローチの方にどうもノイズを感じてしまって、もうひとつノリ切れないでいます(^^;
 >ウルトラマンルーブの前に放送していたウルトラマンオーブTHE CHRONICLE
TV本編の再放送だとばかり思って見てなかったんですよね……ある日たまたま、劇場版?流しているのを見かけてショックを(笑)
 >新たなウルトラマンとしてルーブの事を教わり、その後ルーブの世界に行き、湊兄弟と道ですれ違いながら激励を送るという一幕が描かれました。
おおー、そんな事があったのですか。それはホント、予告サービスだったのか、物語がリンクするのか、気になりますね。ジード×ゼロのように、クロスオーバーならクロスオーバーで、やってくれた方がむしろスッキリしそうな気はしますし。

◆八手四郎次郎さん
 >まず快盗(とノエル/エックス)の目的を確認し「法を曲げてでも手を組むメリットや必要性がある」
 >と確固たる根拠の元に判断したうえで共闘するのでないとプロの仕事というにはお粗末過ぎでしょう。
んー、今作の構造的に、「確固たる根拠の元に判断」したら、「メリットがあるからといって法を曲げて快盗と手を組むのはありえない」という結論しか出ないのではないかと(笑) そこを緊急処置で乗り越える所にヒーロー性を見るかどうかは人それぞれかとは思いますが。
 >ノエルの真の目的が明かされるエピソードを後に回す構成
ノエルは国際警察の本部(上層部)と繋がっているので、戦力部隊の権限では追求する事ができない、というエクスキューズにどれぐらいの説得力を感じるか次第、で引っかかり具合が変わってくる部分ではありますよね。そういう点ではむしろ、登場初期にもっとノエルのアンタッチャブルぶりを強調しておいた方が良かったのかな、とは。
 >次回予告に登場した魁利の「やっぱ俺、快盗向いてるわ」という台詞
今作割と、軽い台詞を予告編集の妙で重要そうに扱う傾向がありますが、もし焦点を合わせてくるのなら、ここまで来て敢えて言わせる、というのは面白い爆弾になるかもですね。

◆spirithumanさん
 >僕も中澤監督だとテンポよく見られますし。
割と緩いギャグもやるんですけど、シリアスとコメディのバランスがいいんですよねー。
 >いちいち芝居掛かった喋り方も割と面白いですし、今のところ一番好きです。
この手の黒幕煽動系は大事故になる場合もありますが、割とみんなよくわからない中で、いい存在感になってますよね。今回、軽く無視されたのも万能すぎずに良かったですし。
 >個人的にはセカンドパイロットを見るまでは判断しかねるという感じだったのですが、今回は面白かったです。
1-2話はどうもごちゃっとしてしまいましたが、今回はスッキリしていて、とりあえずこの辺りを楽しんで下さい、というのがわかりやすかったのは良かったですね。
 >ワルサ~P~38~
ルパンマグナム、と言われて反射的に(笑)

◆KEYさん
 >愛らしい子供の皮を被ったところで素で普通に犯罪者思考じゃ元からダメ人間てことになっちゃうだろうに。
かなり露悪的なエピソードでしたが、この仕掛けがうまく後半に効いてくるのを期待したいところです。
 >双方の力になりたくて動いてるっぽいのに双方に信用されてなさ過ぎで感情空回りなのが可哀想可愛いっていうか。
作り手の方ではノエルの事情はハッキリしていて逆算で描いていると思いたいので全てが明かされたらストンと入ってきてほしいですが、私の中では現在、ノエルは大事な人を国際警察に人質に取られている説が急浮上中です!(え)
 >サンリオ(キティ・マイメロディ)よりサンエックス(たれぱんだこげぱん)派
ああ……(笑)
 >可愛い物好きではあるけど感覚は一般よりずれてると思ってたの自分だけ?
私はあまり気にしていなかったのですが、つかさの守備範囲に関しては、厳密に決めていない(話の都合)ではあるのでしょうね。個人的には、センサーが初美花ではなく魁利に向かっていた辺り、最大のポイントは、サイズ感、な気がしてなりません。
 >自分は前述を思い出して素直に笑ったんですが不穏な考察をされてる方もいらっしゃるようで、もし本当ならどう回収されるか楽しみです。
コグレの胡散臭い動向も、どう収まるか楽しみですね。
 >マネージャーさんは世にも奇妙な物語のタモさんみたいですね。物語に本格的に関わって来るのは最終クール迄待たなきゃかも。
ああ、最終盤まで語り部ポジションに徹する、というのはありそうですね。
 >目の前の人どうこうってゲイツに君が言っていいセリフじゃないって彼等が未来からきた理由を覚えてたら想像つくだろうが!
現状認識がまだ追いついていない、という事なのでしょうが、主人公としてはもう少し想像力を持ってほしい、というのはありますよね。第2話ラストを見ても、目の前の苦難を救う為には凄くアクティブだが、想像力が少し不足気味に見えるのが、狙った設計なのかナチュラルな事故なのか……。
 >物語として好きになれなくてもキャラとして苦手ではあっても嫌いな主人公はいないつもりだったんだけどソウゴは無理そう…….。
ソウゴのタメ口路線は感じ悪いですよねぇ……どんな歴代キャラが出てきてもイーブンに接する事ができる的な狙いなのかもですが、普段の言行と合わせると悪い意味で非常識で失礼にしか見えず好感度が下がるだけという。